海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄田舎暮らし(久米島)

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 MO

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月21日

沖縄田舎暮らし(久米島)


メール プリント もっと見る

沖縄田舎暮らし(久米島)

沖縄本島は都市化が進み、暮らしの中でも、段々と沖縄らしい要素が少なくなってきているような気がします。

今回、久米島に行って、沖縄らしい生活が根付いていたので紹介したいと思います。

赤瓦の家屋がまだまだ沢山残っていました。

スクリーンショット(2012-05-20 8.28.48).png

ある方のお宅にお邪魔させてもらいました。

お庭はこんな感じで、珊瑚のかけらが、布かれています。

スクリーンショット(2012-05-20 8.23.10).png

庭に植えられていた植物は、上が島とうがらし、下がアロエ、右がパパイヤです。

スクリーンショット(2012-05-20 8.29.15).png

お宅におじゃますると、玄関には、海から拾ってきたという貝などが飾られていました。

スクリーンショット(2012-05-20 8.29.36).png

居間には、仏壇がありました。

スクリーンショット(2012-05-20 8.28.23).png

台所には、"火の神(ひぬかん)がありました。
ひぬかんとは、台所に置かれていて、家内安全を守ってくれる守護神です。
祖父母の家や自宅にひぬかんがあるという友人、ちょくちょくいます。
沖縄には、まだまだ根付いている風習です。

スクリーンショット(2012-05-20 8.29.57).png

最後に、昼ご飯を見せてもらいました。

スクリーンショット(2012-05-20 8.30.22).png


海で拾ってきた珊瑚の箸置きがかわいかったです。
メニューは、、
・畑で採れた"はんだま"と"にがな"のサラダ
・島豆腐と近くの海で採れた"アーサ "のみそ汁
・スーパーで買って来たマグロのあらと、畑で採れた島人参とパパイヤの煮付け

すごくゆったりとした時間が流れていて、理想の田舎暮らしだなぁと感じました。
ここで生活している人の意見としては、食べるものには困らないけれど、お金がないと笑っていましたが。。

個人的には、本当に癒されました。。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年5月21日
« 前の記事「SPAバーデハウス(久米島)」へ
»次の記事「月桃の花」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集