海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄の年中行事  ムーチー

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月18日

沖縄の年中行事  ムーチー


メール プリント もっと見る

沖縄の年中行事  ムーチー

 平成25年もあっという間に3週目です。元日と成人の日の1月にある二つの祝日も終わりましたね。
しかし、旧暦で動くウチナーンチュにとって今は12月。明日は沖縄の年中行事のひとつ「ムーチー」の日です。「鬼餅」とかいてムーチーです。


旧暦の12月8日に行われる「ムーチー」は、厄払いや子供たちの健康を願う行事です。
地域によっては行わないところもあるようです。
 餅粉に黒糖などを混ぜて練り、サンニンの葉で包み蒸して完成するムーチーを、仏壇や神棚、ヒヌカンにそなえます。(ヒヌカンとは「火の神」、かまどの神様で台所におかれてあります。)
サンニンとは月桃のことです。今年は台風の影響で月桃の葉が少ないとか...。
子供の年齢の数のムーチーをひもで結んで吊り下げたりもします。
ムーチーを蒸した時に出る汁は、子供を食べにくる鬼を退治するらしく、玄関や家や敷地内の四隅にまく家庭もあるようです。
鬼はムーチーが嫌いなようです。というのもムーチーの由来というか、昔話というか有名なムーチーの民話が鬼退治の話なのです。


物語は鬼になってしまった兄を退治する妹の話です。
兄ではなく弟が鬼になる話も聞いたことがあります。
鬼は最後には崖から落ちてしまいます。
兄を退治しなくてはならない妹の気持ちを考えると複雑です...。
そんな妹が残した名台詞がこちら。
「上の口は餅を食べる口、下の口は鬼を食べる口」
ムーチー.JPG

明日はあちこちでサンニンの香りが漂っていることでしょう。
そしてムーチーの日は必ず寒くなるといいます。
ムーチービーサー(鬼餅寒)です。沖縄で年最低気温が観測されることが多い日です。
今年はというと二十四節季の「大寒」の前日ですね。
寒くなりそうです...。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年1月18日
« 前の記事「沖縄の冬のフルーツといえば!」へ
»次の記事「1月なのに、花がいっぱいの沖縄」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    おんな道の駅
    沖縄科学技術大学院大学

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集