海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄の年中行事 ジュウルクニチ

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月25日

沖縄の年中行事 ジュウルクニチ


メール プリント もっと見る

沖縄の年中行事 ジュウルクニチ

 あっという間に2月も最終週です。今週末はもう3月なんだなぁ・・・。
しかし、旧暦で動くウチナーンチュにとって今は1月。
今日は沖縄の年中行事のひとつ「十六日祭」でした。
旧暦で1月16日は「ジュウルクニチ」と言って、わたしの暮らす島ではお墓参りをします。「あの世のお正月」なんだそうです。
内地でも「松の内」や「小正月」と言って、なんとなく1月15日までは正月気分ですよね。


人によりますが...。


松飾りも15日に取るところが多いようですし。打紙.jpg
生きている人の正月がおわったので、お墓参りに行きましょうー。
次はご先祖様の正月をお祝いしましょうー!
 餅やかまぼこ、三枚肉を詰めた重箱と線香をお供え。
打紙を焼いてご先祖様を供養します。
打紙はウチカビといい、あの世のお金です。
お線香はヒラウコウと呼ばれています。
法事っぽい行事の「十六日祭」。
近年に亡くなられた親族がいる家の重箱と、そうでない家の重箱は少し違っています。
十六日1.JPG ↓こちらは赤いお餅です。
真ん中のカマボコも赤いカマボコを使っています。
おいしそうです。


十六日2.JPG

こちらは白いお餅です。
真ん中のカマボコは白。
昆布とこんにゃくの位置も入れ替わってますね。
こちらもおいしそうです。


沖縄の古いことわざ 「後世や雨垂いぬ下」というのがあります。
「 ぐすぅーや あまだいぬ しちゃ 」 → (あの世は雨だれの下)


あの世ははるか上の方にあると思われているが、実際は軒下の雨垂れの下にある。
あの世は身近にあるのですよ、ということわざです。


沖縄の人たちは、ご先祖様をとても身近な存在としてとらえているのでしょうね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年2月25日
« 前の記事「見かけたら迷わず購入!めずらしい琉球花札」へ
»次の記事「ちょっと早めに「あおさ」を堪能」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    テンペスト
    今、宜野座村が熱い!!
    久米島で農業体験
    久米島
    アーサの季節です。
    自転車の旅(海中道路編)
    沖縄の冬の楽しみ方

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集