海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月 2日

「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」


メール プリント もっと見る

「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」


3月4日は 「さんしんの日」です。
今年でもう21回目になります。
当日正午のラジオの時報にあわせて、琉球古典音楽の「かぎやで風」を、それぞれの三線で演奏します。
県内だけではなく、各地の県民会の方たちや、三線愛好家たちが参加しています。
正午の時報をはじまりに、1時間ごとの時報で「かぎやで風」が演奏されます。
この「かぎやで風」は祝いの席には欠かせない曲です。
結婚式では必ず祝宴の座開きとして踊られる琉球舞踊です。
かぎやで風001.jpg
「今日の誇らしゃや なほにぎやなたてる  蕾で居る花の 露きやたごと」


こんな短い歌詞なのですが、なかなか長い曲なのです。


歌詞の意味は


「今日の喜びを何とたたえる事ができましょう。まるで蕾の花が朝露を受けて、咲き開いた様な心持ちです」こんな感じです。


「かぎやで風」、実は読むときは「かじゃでぃふう」と読むのです。
だったら最初から「かじゃでぃ風」と書けばいいのに・・・。


さんしんの日まであと2日です。
普段はほったらかしの三線ですが、この日くらいは触ってみよう。

(さんしんの日ホームページ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年3月 2日
« 前の記事「ちょっと早めに「あおさ」を堪能」へ
»次の記事「那覇市のお気に入りカフェ」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    備瀬のフクギ並木
    沖縄のお肉のブランド:やんばる島豚、本部牛を食す!!
    プチリゾート
    つけ麺のおいしいお店
    那覇うみそらトンネル(那覇市内ー空港間)
    居心地の良いCafe
    沖縄のおしゃれな場所
    南部いろいろ
    今が旬です。
    仕事帰りの楽しみ
    沖縄の外食が変わってきています。
    焼肉バイキング
    ブルーシールアイスクリーム
    この日だから沖縄から伝えたいこと・場所
    おすすめのショッピングスポット
    話題のパン屋さん
    こんな所に豪華客船?!
    ゆっくりした時間
    東村で1日遊び尽くす!
    沖縄の自然
    沖縄ならではの雨の日の楽しみ方

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集