海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 国際通りの「幸せを呼ぶバウムクーヘン」

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月27日

国際通りの「幸せを呼ぶバウムクーヘン」


メール プリント もっと見る

国際通りの「幸せを呼ぶバウムクーヘン」

 地元でも人気のバウムクーヘンの専門店が、国際通りにあります。ふくぎや です。
ふくぎや1.JPG


 国際通りを歩いていると、洋菓子の甘く香ばしい香りに気づいて足が止まります。
バウムクーヘンの専門店「ふくぎや」です。
しっとりとしたプレーンタイプのものと、外側が黒糖でサクッと仕上がってるハードタイプ。
そして紅イモの3種類のバウムクーヘンが販売されていました。
ふくぎや2.JPG


写真は左側がプレーンタイプの「フクギ」で右側がハードタイプの「ガジュマル」の、
ハーフのセットで 1,810円でした。
 贈答用の箱もあるので、引き出物などに利用している人もいるようです。
地方発送もしてますね。ホームページからも購入できるようです。
とってもおいしいバウムクーヘンです。


 なんとお店の入り口で焼いているんです。
国際通りから、焼いている姿を見学できます。
ふくぎや3.JPG
 焼き立てを購入できるのはうれしいですね。
「幸せを呼ぶバウム」
おいしかったです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2013年3月27日
« 前の記事「那覇市のお気に入りカフェ」へ
»次の記事「お土産に!?沖縄県限定商品 その1」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    備瀬のフクギ並木
    沖縄のお肉のブランド:やんばる島豚、本部牛を食す!!
    プチリゾート
    つけ麺のおいしいお店
    那覇うみそらトンネル(那覇市内ー空港間)
    居心地の良いCafe
    沖縄のおしゃれな場所
    南部いろいろ
    今が旬です。
    仕事帰りの楽しみ
    沖縄の外食が変わってきています。
    焼肉バイキング
    ブルーシールアイスクリーム
    この日だから沖縄から伝えたいこと・場所
    おすすめのショッピングスポット
    話題のパン屋さん
    こんな所に豪華客船?!
    ゆっくりした時間
    東村で1日遊び尽くす!
    沖縄の自然
    沖縄ならではの雨の日の楽しみ方

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集