海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄の年中行事? 「タキヌブイ」

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月10日

沖縄の年中行事? 「タキヌブイ」


メール プリント もっと見る

沖縄の年中行事? 「タキヌブイ」

 私の住む島、慶良間諸島の座間味島では、
今日 「タキヌブイ」 でした。


 「うたきのぼり」とも言われるこの行事。
沖縄本島ではあまり聞かない行事です。
「嶽(岳)上(登)り」
 島の山々に4つの拝所があります。
神聖な場所なので年に1度しか入ってはいけません。
そうです、今日は年に1度の、拝所に行っていい日なのです。
たきぬぶい01.JPG


こんな道をハイキング気分で登ります。
でも結構きつい坂道です。
たきぬぶい02.JPG


集落から1番遠い拝所まであと少しです。
あそこが島で1番高い場所かもしれません。
たきぬぶい03.JPG


 各家庭で登る御嶽が決まっています。
ここが1番遠い御嶽の「くたき」です。
クバの葉が敷かれていますね。
お昼過ぎに行ったので、もう誰もいませんでした。
みんな午前中から登って、ここでお弁当を食べて帰ってしまいました...。
たきぬぶい04.JPG


ここから見える景色が絶景です。
ダイビングポイントで有名なポイント 「男岩」ウガンが目の前です。
ダイビングボートも見えますね。
たきぬぶい05.JPG


 御嶽の東と西には「アガイブサキ(東ブサキ)」「イリブサキ(西ブサキ)」と2つ拝所があります。
くたきのアガイブサキから見た景色がこちらです。
たきぬぶい06.JPG


年に1度しか見ることができない景色です。


最後の写真は御嶽の一つ ウフタキの写真です。
こちらはあまりに古かったので、7年前に改築されました。
 ウフタキのお宮の由来によると、
タキノボリ(御嶽登り)の行事の始まりは、
「今から二百七十八年前に琉球王朝時代の三司官の地位を与えられた蔡温が
 森林保護法を制定するために各地域の山林に霊域地帯をつくった」
とかかれてあります。
たきぬぶい07.JPG


 山にたいする神聖な尊厳と、自然保護を意識した行事のような気がしました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年11月10日
« 前の記事「ドライブで離島へ! 奥武島に行ってきました。」へ
»次の記事「秘境! ガンガラーの谷」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集