海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 琉球銘菓「きっぱん」ってご存知ですか?

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月17日

琉球銘菓「きっぱん」ってご存知ですか?


メール プリント もっと見る

琉球銘菓「きっぱん」ってご存知ですか?

沖縄お菓子のお土産の定番といえば、「ちんすこう」ですね。
サーターアンダーギーもおいしいです。
あとは塩せんべいに紅いもタルト、ブルーシールのアイスなどなど・・・。
たくさんある沖縄お菓子ですが、ひそかに人気の「きっぱん」ってご存知ですか?
これがその「きっぱん」です。白い袋のがそうです。
DSCN2668

奥に移っている四角いのは「冬瓜漬」とうがんづけ です。
どちらのお菓子も300年ほど前に中国から沖縄に伝わったものです。
琉球王朝時代から王府や冊封使へ提供した琉球伝統菓子。
一般の人も食べるようになったのは、明治以降のことだそうです。
どちらもとても手間のかかるお菓子です。
DSCN2669 DSCN2673

きっぱんは「橘餅」と書くようです。
かんきつ類を練ったものの周りを砂糖でコーティング。
冬瓜は野菜ですね。瓜です。沖縄では「しぶい」と呼びます。


さっそく食べてみることにしました。

DSCN2675

おいしいです。
「きっぱん」はほのかに柑橘の皮の香りがして、甘さ控えめで上品な味。
「冬瓜漬」は瓜とは思えない甘さと食感。くせになりそう。うまい。
どちらも濃いお茶にあいそうです。
 こんなに歴史がある伝統的なお菓子が、あまり有名になっていないのには理由があります。
作っているお店が、現在1店舗しか残っていないんです。
その店がここ、「謝花きっぱん店」です。
DSCN2651
国際通り近くの松尾消防署通りにあります。
住所はここ→沖縄県那覇市松尾1丁目5-14(松尾消防署通り)

DSCN2649 DSCN2648

店内にはりっぱな冬瓜が並んでいました。
シナモン味の冬瓜漬など種類がいっぱい。
いろいろ試してみたくなりますね。


琉球銘菓「きっぱん」と「冬瓜漬」。
ぜひ一度味わってみてください。
DSCN2674

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2016年4月17日
« 前の記事「オリオンビールからクラフトシリーズ第2弾」へ
»次の記事「こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集