海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 中嶋 清史

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月15日

こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。


メール プリント もっと見る

こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

 国際通りから浮島通りに入ってすぐのところで、古本屋ののぼりを発見。
浮島通りは最近おしゃれな店が多く、古着屋やカフェ、雑貨屋さんなど若者が集まる店が増えました。
かつて通り沿いに「浮島ホテル」があったのが通りの名前の由来とか。
DSCN2661
そんなおしゃれな通りで見つけた古本屋ののぼり。
どんな店なんだろうと奥をのぞいてみたのだが・・・。ない?

DSCN2660
ちょっと期待していたのだが、古本屋は見当たらない・・・。


古本屋はあきらめて、用事を済ませ、次は通称「裁判所通り」へ向かった。
するとまた古本屋ののぼりが!
DSCN2653
こちらには「営業中」の札もある!
思い切って中に入ってみました。

DSCN2658
竹林の庭に静かに古本屋がありました。
かわいい古本屋です。
古本屋の名前は「anmo堂」です。
中は落ち着いた音楽が流れていました。
2014年の3月にオープンした古本屋です。
沖縄の本や児童書などがそろっています。
靴を脱いで、ゆっくりと本が選べます。

DSCN2657

国際通りの人込みに疲れたら、ちょっと立ち寄りたい古本屋。

DSCN2655 DSCN2656


店主の安茂さんが気さくに声をかけてくれます。


「anmo堂」は裁判所通りと浮島通りの間にある古本屋。
浮島通り側からも勇気を出して奥まで入ればたどりつきます。
image005

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2016年5月15日
« 前の記事「琉球銘菓「きっぱん」ってご存知ですか?」へ
»次の記事「オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    沖縄のICカード OKICA!オキカ!

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      中嶋 清史
      北方領土にほど近い北海道の片田舎から、沖縄は那覇市の西約40キロの海上にある慶良間諸島の小さな島、ここ座間味島にやってきたのが14年前。きれいな海と、島に住む人たちの温かさにひかれ、そのまま定住を決意。地元で話題の情報を、提供していこうと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集