海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 那覇・沖縄特派員ブログ > 【2018/3/31閉店】壺屋やちむん通りの古民家...

日本国内/那覇・沖縄特派員ブログ 菅原 啓

日本国内・那覇・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月26日

【2018/3/31閉店】壺屋やちむん通りの古民家で琉球料理を味わう「ぬちがふう(命果報)」


メール プリント もっと見る

【2018/3/31閉店】壺屋やちむん通りの古民家で琉球料理を味わう「ぬちがふう(命果報)」

ぬちがふう(命果報)は建物の老朽化による耐震工事と白アリ駆除の為、平成30年3月31日をもって一旦営業を終了しました。
再開しましたら更新いたします。
【更新日平成30年4月3日】

沖縄の観光スポットの一つとして、国際通り近くに壺屋のやちむん通りがあります。
この通りは壺屋焼という焼き物の通りで、1682年に湧田窯、知花窯、宝口窯の3カ所の窯を統合して窯場が誕生しました。
その後壺屋焼は、琉球随一の窯場となり、国内消費や交易に利用されました。
2-01.jpg

国際通り側からその通りに入り、ひめゆり通に抜ける手前左手に、「ぬちがふう(命果報)」の看板があり、矢印の方向に登っていきます。
途中、右手に石垣に囲まれた国の重要文化財である新垣住宅と東ヌ窯が見えてきます。
2-02.jpg
さらに上ると風情ある通り壺屋の雰囲気にぴったりの閑静な赤瓦屋根の門が現れます。
琉球料理の店「ぬちがふぅ」
2-03.jpg
2-04.jpg
門を入ると白い大きな古民家が現れます。
この古民家は沖縄初のラジオ局として建てられたもので、改装され琉球料理の店に代わりました。
入口もいい雰囲気です。

2-05.jpg
2-06.jpg
2-07.jpg
2-08.jpg
さすがに店内は、外観と同じ落ち着いたたたずまいです。
テーブル席は35席、カウンターは5席と程よい広さです。
2-09.jpg
窓の外は、国の重要文化財東ヌ窯が見えてます。
2-095追加.png
ランチメニューは、ぬちがふう御膳、島おでん、沖縄そばの三種となります。
ぬちがふぅ御膳は、沖縄の伝統的な料理が8品付いています。
沖縄そばメニューは3種類。
平成29年10月1日~平成30年2月28日まで、沖縄そばスタンプラリーが開催されており、ぬちがふうも参加加盟店になっており、これを機にソーキそばのメニューが追加されました。

2-10.jpg
本ソーキのソーキすばをいただきました。
出汁は豚骨ペースに鰹ダシがほんのりと効いています。
パンチはありませんが、オーソドックスな味。
2-11.jpg
麺は亀浜製麺所(豊見城市)製で、人気のある麺が使われてます。
以前は照喜名製麺(那覇市)の麺を使用していましたが、ぬちがふうの出汁には亀浜麺が合います。
2-12.jpg
本ソーキはボリュームがあり、
麺麺、以前はを使用されていましたが、今日からに替えられました。
2-13.jpg
連れは炙り軟骨ソーキすば。
ソーキはとろとろで、しっかり味付けされて旨い。
2-14.jpg
オープンは2016年6月1日。
「ぬちがふう(命果報)」の意味は、「命が長らえる幸せこそは、生まれた幸せ」となります。
沖縄料理をベースとしコース料理をメインとし、旬の食材を使用しているので、日によって内容も異なります。
食材は沖縄県産の無農薬の物にこだわり、調味料も無添加の物を使用しています。

お店の窓から重要文化財の新垣住宅や登り窯が見渡せ、タイムスリップしたかのような古民家の雰囲気の中で食べれる幸せを感じられます。

以外にリーズナブルで、接待にはもってこいの店です。
那覇市内では、お薦めお店です。

[ショップ情報]

琉球料理 ぬちがふう(命果報)

住 所/那覇市壺屋1-28-3

電 話/098-861-2952

営業時間/11:30~17:00  17:30~22:00

定休日/【閉店】


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年12月26日
« 前の記事「行列のできるおにぎり専門店「ポークたまごおにぎり本店」」へ
»次の記事「明けましておめでとうございます 沖縄県南部の初詣神社」 へ
おすすめ記事
    那覇・沖縄特派員 新着記事
    日本一早いゆり祭り! 伊江島ゆり祭りが始まります♪
    かりゆしウェアを買うなら・お薦めの店はこちら!
    今年も泡盛酒造所の蔵開き祭りが始まりました!
    沖縄では年に2回、お花見ができるんです!
    沖縄米軍基地内イベントに、行ってみよう!
    第一牧志公設市場近辺で、おすすめの「せんべろ」がある店はどこ?
    つけめんSAKURA ディープな桜坂の怪しいラーメン屋さん 深夜のつけめんは絶品!
    日本一早いつつじ祭りは 東村のつつじ祭り

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都仙台和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 那覇・沖縄特派員

      那覇・沖縄特派員
      菅原 啓
      2010年に転勤で沖縄へ、その後沖縄の魅力に取りつかれ永住を選択した。特に沖縄の食文化に興味を持ち、新しい発見に心躍らせています。ガイドブックには載ってないディープなお店、沖縄ならではグルメが沢山あります。那覇国際通りを中心に、国内外からの観光客にメリットがある情報発信をしていきます。食文化以外の情報もお楽しみに。 DISQUS ID @disqus_KX3cIrckf3

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集