海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 那覇・沖縄特派員ブログ > 那覇ハーリーへ行こう! 5月のゴールデンウィークは...

日本国内/那覇・沖縄特派員ブログ 菅原 啓

日本国内・那覇・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月28日

那覇ハーリーへ行こう! 5月のゴールデンウィークは決まり!


那覇ハーリーへ行こう! 5月のゴールデンウィークは決まり!

那覇ハーリーは毎年5月のゴールデンウィークに3日間開催される、沖縄では最大のイベントです。
0.JPG

P_20180503_170545_vHDR_Auto_HP.jpg
ハーリーの意味は、海の安全や豊漁を願っておこなうお祭りです。
那覇ハーリーは14世紀に中国から来たという説や、南京で爬龍船を見てまねて造ったとか諸説あります。
琉球王国の国家的行事として栄えましたが廃止され、本土復帰記念事業として1975年の沖縄海洋博を機会に復活しました。
002.JPG
主なイベント内容は、爬竜船(はりゅうせん)を漕ぎ競い合うもので、那覇市内の中学生による学校対抗戦、職域対抗戦、御願バーリー、本バーリーがおこなわれます。
また無料の爬竜船体験乗船のプログラムもあり、観光客も楽しめます。
那覇ハーリーは観光客にも見てもらいたいという意図もあり、ゴールデンウィークと重なる新暦の5月3日~5月5日の間に行われます。

003.JPG
古蔵中学校では早朝から、学校のプールで那覇ハーリーの練習を行っています。
子供から大人まで、那覇ハーリーにかける熱気を感じます。
P_20180504_174145_vHDR_Auto_HP.jpg
P_20180503_195433_vHDR_Auto.jpg

ハーリー競漕のほかにも、よしもと沖縄などのお笑いステージ、県内ミュージシャンのライブ、打ち上げ花火など、さまざまなイベントが開催されます。
ライブの様子はコチラのYoutubeチャンネル で観る事ができます。
P_20180503_170702_vHDR_Auto_HP.jpg
P_20180504_174201_vHDR_Auto_HP.jpg
ハーリーは那覇に限らず沖縄県内の至る所で開催されています。
6月に開催されている糸満ハーレーの鐘が鳴ると梅雨が明けると言われています。
那覇ではハーリー、糸満ではハーレーと呼ばれていますが、どちらも内容は同じです。

那覇ハーリーで使用されている船は、舳先と船尾に龍の彫刻が施された鮮やかなもので全長14.55メートル、漕ぎ手32名、鐘打ち2名、舵取り2名、旗持ちなど6名と乗船者は42名と大型となります。
006.JPG
他の地域では小型漁船のサバニを使用しており大きさは地域によって異なりますが、漕ぎ手10名程度で舵取り1名が乗船して競い合うところが多いようです。
那覇ハーリーの規模の大きさが判りますね。
008.JPG
では、5月の連休を楽しみましょう。

那覇ハーリーのプログラム詳細はこちら

開催日時:5月3日(木)~5月5日(土) 10:00~21:00

開催場所:那覇港新港ふ頭
     沖縄県那覇市港町

入 場 料:無料

駐 車 場:無し

[イベント内容]

5月3日・5日:爬龍船競漕

5月4日:一般乗船体験

5月3日~5日:花火、その他ライブ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2018年4月28日
« 前の記事「伊江島ゆり祭りは、日本一早いゆり祭りです♪」へ
»次の記事「よへなあじさい園、1万㎢に30数万輪のあじさいは圧巻!」 へ
おすすめ記事
    那覇・沖縄特派員 新着記事
    空港食堂はリーズナブルな隠れ家的食堂です!
    龍球ドラゴンで美味しいステーキをもっと安く!大満足!!
    みやんち STUDIO&COFFEEは、島唄で有名なTHE BOOM宮沢和史さんプロデュース!
    ゆいレール! 沖縄モノレールのお祭りに行ってきました♪
    ブエノチキンは、アルゼンチン生まれ沖縄育ち!
    さんご座キッチン 映画を観た後はビアガーデンでライブを楽しもう
    琉球村は沖縄定番の観光テーマパークです
    あじゃず 沖縄そば+JAZZ+南国ムードのチャンプルー♪

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 那覇・沖縄特派員

      那覇・沖縄特派員
      菅原 啓
      2010年に転勤で沖縄へ、その後沖縄の魅力に取りつかれ永住を選択した。特に沖縄の食文化に興味を持ち、新しい発見に心躍らせています。ガイドブックには載ってないディープなお店、沖縄ならではグルメが沢山あります。那覇国際通りを中心に、国内外からの観光客にメリットがある情報発信をしていきます。食文化以外の情報もお楽しみに。 DISQUS ID @disqus_KX3cIrckf3

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集