海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 那覇・沖縄特派員ブログ > 新那覇バスターミナルにOPA復活、沖縄の新たな拠点

日本国内/那覇・沖縄特派員ブログ 菅原 啓

日本国内・那覇・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月20日

新那覇バスターミナルにOPA復活、沖縄の新たな拠点


新那覇バスターミナルにOPA復活、沖縄の新たな拠点

nb001.jpg
沖縄観光と言えば那覇空港からモノレールやレンタカーでの移動が一般的で、観光客が那覇バスターミナルを利用する機会は少ないようです。
その那覇バスターミナルが10月1日に生まれ変わリました。
リニューアル当日、生まれ変わったターミナルを見学しようと朝から多くの人が訪れ、にぎわいを見せました。

新那覇バスターミナルには11の停留所があり、那覇バス、沖縄バス、琉球バス交通、東陽バスが乗り入れてます。
nb002.jpg
nb003.jpg

新那覇バスターミナルは主要施設として複合施設の「カフーナ旭橋」の1階にあり、乗降場、待合室、営業所などがあります。
外国人観光客への対応も考慮してデジタル多言語案内システムで運行情報を案内しています。

nb004.jpg

待合室はとても広く、巨大モニターには首里城など沖縄観光案内が常時映し出されています。
nb005.jpg
カフーナ旭橋の2階と3階には、国際通りにあった那覇オーパが13日にオープンしました。
2013年にいったん閉店したので、5年ぶりの復活になります。
nb007.jpg
nb008.jpg

nb010.jpg
ファッションや雑貨、飲食を中心に沖縄初出店を含む約50店が入居する予定で、年間300万人の来店を目指しています。

nb006.jpg
nb009.jpg
那覇オーパに続々開店するお店。
nb011.jpg
従来国際通りから那覇バスターミナルへ行くのはバス利用でしかありませんでしたが沖縄観光情報センターも開所や旅行商品や地域特産品などを紹介するイベントスペースが開設され、目的も変わりますね。

nb012.jpg

12月には、与儀公園にあった沖縄県立図書館が開業を予定しています。

nb013.jpg
パワースポットの沖縄県指定天然記念物仲島の大石(なかしまのうふいし)も、しっかり残されています。

モノレール駅旭橋に隣接しており、多くの人が行き交う新たなにぎわいの場となるでしょう。


新那覇バスターミナル「カフーナ旭橋」

場 所:沖縄県那覇市泉崎1丁目20

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2018年10月20日
« 前の記事「沖縄市の大植木市、花・果樹・観葉植物を手頃な価格で」へ
»次の記事「沖縄そばスタンプラリー、始まりました!」 へ
おすすめ記事
那覇・沖縄特派員 新着記事
琉球王国市場、新たな食のテーマパーク
新年早々、満開のコスモスは沖縄から!
那覇の初詣、三社詣りしてきました
なごアグリパーク、ここに健康・美容・長寿の秘密あり
ミニミニ動物園、入場無料で地元民に愛される動物園
美ら島エアフェスタ2018、ブルーインパルスが2日間飛行展示
離島フェア、沖縄の離島が一気に集結!
壺屋陶器まつり、やちむんファンに人気のイベント!
1年前の同じ月に投稿された記事
まだまだ撮れます!噂のマーメイドフォト

沖縄旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 那覇・沖縄特派員

    那覇・沖縄特派員
    菅原 啓
    2010年に転勤で沖縄へ、その後沖縄の魅力に取りつかれ永住を選択した。特に沖縄の食文化に興味を持ち、新しい発見に心躍らせています。ガイドブックには載ってないディープなお店、沖縄ならではグルメが沢山あります。那覇国際通りを中心に、国内外からの観光客にメリットがある情報発信をしていきます。食文化以外の情報もお楽しみに。 DISQUS ID @disqus_KX3cIrckf3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集