海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 那覇・沖縄特派員ブログ > 壺屋陶器まつり、やちむんファンに人気のイベント!

日本国内/那覇・沖縄特派員ブログ 菅原 啓

日本国内・那覇・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月 1日

壺屋陶器まつり、やちむんファンに人気のイベント!


壺屋陶器まつり、やちむんファンに人気のイベント!

tb 001.jpg
毎年11月下旬、壺屋小学校の運動場で「壺屋陶器まつり」が開催されています。
場所はゆいレール牧志駅を降りて直ぐのところ。
今回で第39回をむかえる歴史のあるお祭りで、今年の開催期間は11月23日から25日の3日間。

tb 000.jpg
沖縄では焼き物のことを「やちむん」と言っており、壺屋焼は約400年前の琉球王府時代に壺屋に陶工たちを集めたことが始まりとされています。
壺屋焼の特徴は力強さと素朴さにあり、ずっしりとした重量感のある器は風格と暖かみがあり、見る人使う人に自然に伝わってきます。
この暖かみは長い伝統に培われた技法によって産みだされたものです。
tb002.jpg

壺屋焼のお祭りは、同じ月の第一土曜日曜に「壺屋やちむん通り祭り 」も開催されています。

tb004.jpg
tb005.jpg

壺屋陶器まつりは、お皿や茶椀、花瓶などの生活雑器からシーサーまで、特別価格で展示即売されます。

tb006.jpg
tb007.jpg
tb009.jpg
植物や魚など自然をモチーフとしたデザインと温かみのある色合いは、日々の暮らしによく馴染みます。

tb010.jpg
早々に行列が出来ていますが、人気の窯元か特価販売されているのか・・・
tb011.jpg
こちらの窯元さん、良く売れてますね。
tb012.jpg
tb013.jpg
様々なシーサーを見ることができます。
tb014.jpg
tb015.jpg
ユニークな置物も、楽しさを演出しています。
tb016.jpg
大きな花瓶、何とも言えない風合いがあります。
tb017.jpg
壺屋焼を代表する赤絵の焼物には、目を惹かれます。
tb020.jpg

お祭りでは壺屋小学校の生徒が作成した焼物も、低価格で展示即売されています。
tb021.jpg
ロクロの無料体験コーナー。
作品を焼くこともでき、出来上がりは来年1月になります。
記念に作成するのも良いですね。
tb023.jpg
赤絵の抱瓶。
陶製の携帯用酒瓶で、ひもで肩から吊り、腰に当てやすいように断面が三日月形をしています。
tb025.jpg
壺屋焼ができるまでを紹介したコーナーがあり、小学生が熱心に聞き入っています。
tb026.jpg
福引コーナーは1窯元3千円買い上げごとに、1回福引できます。
tb027.jpg
なぜか人気がある焼き鳥コーナーは、お客さんが絶えません。

tb019.jpg
この他にオークションも開催されており、各工房から出品された作品をじっくり見定め、入札に競り勝った時は最高の気分です。
カーミスーブとは沖縄の方言で「甕勝負」という意味で、陶工たちの勝負のことです。
内容は与えられたテーマの作品を、早く美しく仕上げるかリレー形式で競うもので、陶工たちの素晴らしい手技を、間近に見ることが出来ます。
tb030.jpg
さあ、お気に入りのやちむんを探しに行きましょう。

壺屋陶器まつり

開催場所:那覇市立壺屋小学校

住  所:沖縄県那覇市牧志3-14-12

問い合せ:壺屋陶器事業協同組合
     098-866-3284
入  場:無料
駐 車 場:なし

[イベント内容]

・展示即売 2割以上

・福引コーナー

・オークション

・カーミスーブ(甕勝負)

・陶器作り(有料)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年12月 1日
« 前の記事「奥武島うみんちゅう祭り、行列ができる天ぷら屋さんがある島のお祭り!」へ
»次の記事「離島フェア、沖縄の離島が一気に集結!」 へ
おすすめ記事
    那覇・沖縄特派員 新着記事
    美ら島エアフェスタ2018、ブルーインパルスが2日間飛行展示
    離島フェア、沖縄の離島が一気に集結!
    壺屋陶器まつり、やちむんファンに人気のイベント!
    奥武島うみんちゅう祭り、行列ができる天ぷら屋さんがある島のお祭り!
    道の駅ぎのざ、大幅リニューアル! 水と緑と太陽の里へ行ってみよう!
    壺屋やちむん通り祭り、お気に入りの"やちむん"を探しに行こう
    cafe ゆくれれ、ゆっくり時間が流れる隠れ家的カフェ
    沖縄そばスタンプラリー、始まりました!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ぬちがふう(命果報) 壺屋やちむん通りの古民家で琉球料理を味わう
    ポークたまごおにぎり本店 早朝から外国人観光客が行列をつくる!

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 那覇・沖縄特派員

      那覇・沖縄特派員
      菅原 啓
      2010年に転勤で沖縄へ、その後沖縄の魅力に取りつかれ永住を選択した。特に沖縄の食文化に興味を持ち、新しい発見に心躍らせています。ガイドブックには載ってないディープなお店、沖縄ならではグルメが沢山あります。那覇国際通りを中心に、国内外からの観光客にメリットがある情報発信をしていきます。食文化以外の情報もお楽しみに。 DISQUS ID @disqus_KX3cIrckf3

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集