海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/大阪特派員ブログ

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

車がないと少し不便ですが、大阪市福島区に大阪市中央卸売市場通称:本場(ほんじょう)があります。
食の町大阪を支える施設ですが、この本場の近くに今話題のスポットがあります。
それはこの10円販売機です。


002.jpg


設置されて間もないころはもっと地味な色でしたが、最近は色も派手になり、横に顔出し看板も登場してちょっとした名所になっています。


103-1.jpg


10円販売機はブラインドタイプで、買うまで何の飲料が出るかわかりません。私が購入した時はホット用のドリンクがでてきました(苦笑)


105.jpg

どうしても何が出るかわからないというのは嫌!という方もご安心ください。横には50円の販売機があり、こちらは商品を選んで買うことができます。


106.jpg


中央市場内見学とセットでいかがでしょうか。


2017年9月18日

大正区は大阪市の中で沖縄出身者が最も多く、沖縄料理や島唄の店も数多くあります。なぜこの場所に集まっているのでしょうか
大正時代「ソテツ地獄」と呼ばれた恐慌が沖縄を襲い内地(本土)に出る人が多く、その頃大阪は紡績を中心とした工業の発展により深刻な労働者不足で沖縄や韓国からも多くの人が集まっていました。
その当時、大阪では「朝鮮人、琉球人、シナ人お断り」の看板が象徴するように、「外地」からの移住者は差別の対象になっていました。
特に私的所有や時間にゆるい南方的な気質の沖縄の人々は、内地に溶け込めず大正区の埋め立て地に集中して移り住みました。戦後になると沖縄がアメリカに占領されたことあり、沖縄出身者は複雑な立場になりました。その後、奄美に続き沖縄も本土返還されましたが、沖縄の人々への差別意識が薄れるのは、島唄等沖縄ソングのヒットやNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』など「沖縄ブーム」の頃までかかったようです。

大正区の千島公園グラウンドでエイサー祭りが始まったのは今から40数年前、沖縄返還の数年後のことでした。内地に生きる沖縄人としての誇りを再確認したかったのかもしれません。5年前からは、大正区の平尾公園でもう1つのエイサー祭りが開催されるようになりました。
ei.JPG

その「第5回 RIVER 大正エイサー祭り」に行ってきました。
JR環状線大正駅で下車、大阪市バス「平尾」バス停を降りると、リトル沖縄「サンクス平尾」商店街。
hirao.jpg
商店街入り口を左に曲がると沖縄ソバが有名な『マルトミ食堂』がありますよ。
soba.jpg
サンクス平尾商店街はリトル沖縄と呼ばれるだけあって沖縄の食材は一通り手に入ります。沖縄産のナーベラ(へちま)や
he.jpg
ここではバヤリースのグァバやマンゴー、ブルーシールのアイスクリームなど沖縄でしか手に入らない食品などが並んでいて、見るだけでも楽しい!
沖縄版のボンカレーは沖縄県と大正区だけしか売っていない貴重なカレーとか!?
he2.jpg

買い物に夢中になっていると、公園の方角からにぎやかな音楽と歌声が。
そう、今回大正区に来た目的はエイサー祭りでした。
ei.jpg

みなさんはエイサーを見たことがありますか。
エイサーとは、もともと沖縄のお盆に行われていた伝統的な芸能。現世に戻ってくる祖先の霊を送迎するため、若者たちが歌と囃子に合わせて踊りながら練り歩きました。
ohana.jpg
沖縄県以外でエイサーが見れる地域はとても少ないので、今回は貴重な体験です。
9月10日にも大正区の千島公園グランド(大正区役所すぐ)で開催されます。
21.jpg
もしお時間あるなら西成区から渡船で大正区に渡るルートもお勧めです。
tosen2.jpg


2017年9月 1日

2011年頃から南海難波駅からパークスにかけての場所(カーニバルモールというらしいのですが、、)で星空スタンドという野外屋台イベントがあります。
hoshizora1.jpg
(画像提供先:茨木市かどや酒店)

2017年は6回目今回は、なんば名店のグルメ屋台に加え選りすぐりのこだわり焼酎やステージイベント、さらに南海沿線で育ったプレミアムな銘柄の”うまい肉”を味わえるメニューも登場!と公式サイトに書かれています。

2017.jpg

楽しみ方は
過去最多の出店数!
今回の星空スタンドでしか味わえない、なんば名店の味が勢揃い!なんばグルメを味わい尽くそう!
過去最多の87店舗がなんばグルメが10日間日替わりで出店します!
hoshi.jpg
「旭萬年」の渡邊さん!(画像提供先:茨木市かどや酒店)

料理やお酒がより一層おいしくなるステージイベントが盛りだくさん!!

さらに星空焼酎ターミナル!
全国100種類以上の銘柄が勢ぞろい!様々な種類の焼酎が一杯どれでも300円!
hoshizora2.jpg
(画像提供先:茨木市かどや酒店)

そんななか公式サイトでも『オススメ』に選ばれているのが夏の赤鹿毛 麦 柳田酒造(宮崎県)です!
natu.jpg
(画像提供先:茨木市かどや酒店)

「夏のこの時期に是非味わって欲しい」という思いで造ったのがこの麦焼酎。ロックでキリリと引き締まる、芳醇で豊かな味わいの夏の麦焼酎を是非!!この焼酎は味もさることながら、瓶のデザインもかわいいので女性にも人気があります。の赤鹿毛 麦 柳田酒造(宮崎県)は星空スタンドの会場でも飲めますし、茨木市のかどや酒店でもお買い求めできます。

星空スタンドvol.6 2017年8月25日~9月3日
詳しくは公式サイトをご覧ください。
星空スタンドvol.06


2017年8月29日
2017年8月28日
2017年8月26日
2017年8月24日
2017年8月19日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 大阪特派員

    大阪特派員
    平井 裕三
    1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集