海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 大阪市北区の地蔵盆

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月28日

大阪市北区の地蔵盆


メール プリント もっと見る

大阪市北区の地蔵盆

大阪の玄関、大阪(梅田)駅周辺は大都会ですが、実はすぐそばに下町が残っています。
jizou.jpg
(画像提供:中崎町の中川さん)
例えば、最近人気のスポット中崎町は梅田からも近く、空襲を免れた昔ながらの長屋の街並みが広がっています。そんな下町あふれる町内に今でも「地蔵盆」の風習が残っています。

「地蔵盆」は近畿地方などで盛んな行事で、8月23・24日(または7月24日前後)、地蔵の据えられる家や祠の周囲などに、地蔵盆独特の提灯が多く飾られます。
伝説によれば、地蔵菩薩が、親より先に亡くなった子供が賽の河原で苦しんでいるのを救うということから、特に子供が中心の催しとなっており、地域によっては、子供達が大きな数珠を囲んで座り、僧侶の読経にあわせて順々に回す「数珠回し」を行います。
jizou1.jpg
(画像提供:中崎町の中川さん)
しかし最近は少子化の影響でしょうか、お地蔵さんに提灯を飾るところはあっても、お菓子を配ったり、数珠回しを行ったりすることが少なくなりました。

私が小さい頃は、同級生と情報を交換しながら、となりの町内に遠征し地蔵盆めぐりをして、お菓子やジュースをもらいながら、数珠回しをしたり、地域のおっちゃんおばちゃんと話をしたものです。

画像は、今から5年ほど前の中崎町の地蔵盆の風景です。残念ながら、大きなマンションが建ったためお地蔵さんもその後ろの大きな木もすでに無く、この地蔵盆自体もう見ることはできなくなってしまいました。
jizou2.jpg
(画像提供:中崎町の中川さん)
近年大阪ではお地蔵さんや銭湯など地域に当たり前にあったものが急激に減ってきています。これも時代なのでしょうか・・。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2017年8月28日
« 前の記事「阪急梅田駅下の阪急三番街1階にレゴブロックが」へ
»次の記事「星空スタンド なんばパークス」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    大阪できれいな夕陽を見たくて
    11月18日(土)19日(日)は大阪市北区中津で『ススマルシェ』
    伊丹空港の誰でも利用できる社員食堂
    穂谷コスモスの里がインスタ映えしない理由
    大阪四天王寺で『秋の大古本祭り』
    リンゴづくしのりんご専門のカフェ「elicafe」
    安治川の下を通る『安治川トンネル』
    孤独のグルメ(マンガ)で有名な中津のたこ焼き屋

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集