海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 安治川の下を通る『安治川トンネル』

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月30日

安治川の下を通る『安治川トンネル』


安治川の下を通る『安治川トンネル』

戦時中の1944年に安治川をはさんで西区と此花区をつなぐトンネルが完成しました。時代は第二次世界大戦中。そんな昔にこのトンネルは完成いたしました。

安治川トンネルは、構造はケーソンと呼ばれる箱を川底に埋没してこしらえた「沈埋工法」という珍しい工法で造られました。両岸ともスロープでなく、エレベーターによる移動で、2006年には土木学会が土木遺産に認定されました。

11.jpg
上記は西区側のエレベーターがある建物。なかなかの面構えでしょう。右側はもう30年も閉鎖されている自動車用のエレベーターです。現役の頃の写真は大阪市建設局が持っていて借りれるのですが、忙しくて手続きに行けませんでした。もうしわけございません。
22.jpg
自動車用のエレベーター部分です。ピークの頃は1日1000台以上が通行したのだとか、エレベーターなので順番待ちが必要で長蛇の列の日もあったのだそう
33.jpg
すぐ下流の国道43号線ができたこともあり1977年に自動車側は閉鎖されましたが、自転車と人が通行できる方は今も現役です。今日はそちらを利用して対岸へ行ってみたいと思います。
44.jpg
自転車や歩行者が利用するエレベーターです。歩行者は階段でも昇降可能です。階段の方は24時間利用できますが、エレベーターの方は6時から24時の間に利用可能です。
55.jpg
地下に到着するとエレベーターから降りて地下トンネルを歩きます。待てる人は対岸の西九条(此花区)方面から来た方です。
66.jpg
トンネル内はこんな感じです。川の下だからか、冷房が効いているのか夏でも涼しいくらいでした。
66.jpg
此花区側は階段を使って地上を上がることに、なぜって、この記事を書くためです。普段は両方エレベーターです。こんな機会がないと階段使いません(笑)
77.jpg
地上が見えてきました。ここからJR環状線の西九条駅は300mほどで、徒歩5分くらいです。環状線の西九条駅からも見ることができます。
88.jpg
此花区の方はこんな看板がありました。観光する方にとってはうれしいですね。
99.jpg
環状線西九条駅から九条方面への移動や、少し歩きますが、中之島GATE 中之島漁港(フィッシャーマンズマーケット)への移動などに利用すると楽しいと思います。また、九条方面は最近スパイスカレー屋さんが増えています。 玉造から九条に引っ越してきたアアベルカレーさんや中津から引っ越してきた犬PPカレーさんなど個性的なお店が集まっていますので、ぜひそちらも ※下の画像はアアベルカレーさん
100.jpg

名称:安治川トンネル

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年9月30日
« 前の記事「孤独のグルメ(マンガ)で有名な中津のたこ焼き屋」へ
»次の記事「リンゴづくしのりんご専門のカフェ「elicafe」」 へ
大阪特派員 新着記事
大阪を洪水から守る毛馬の閘門と洗堰
インディアンでなくインデアンカレー
全国に10か所もない。デパートの屋上遊園
道明寺天満宮の鷽替え神事
商売繁盛で笹持って来いのえべっさん。
皆様新年あけましておめでとうございます。
新世界で売れているお土産(2018年12月編)
祝大阪万博再び!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 大阪特派員

    大阪特派員
    平井 裕三
    1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集