海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 大阪できれいな夕陽を見たくて

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月18日

大阪できれいな夕陽を見たくて


メール プリント もっと見る

大阪できれいな夕陽を見たくて

大阪で夕陽がきれいな場所と言えば、大阪市港区の大阪港中央突堤や住之江区南港がありますが、先日ドライブがてらに大阪の南部の方に夕陽を見に行ってきました。向かった場所は大阪の最南端岬町。


misaki1.jpg
国道26号線から外れ海岸沿いの道は隠れドライブルートです。みさき公園の近く『おかの旅館』は地元の魚が食べられる食堂です。(ただし夕方には閉店しますのでお早めに)
okano.jpg
ここから海岸沿いに行くと深日港へ行くことができます。
huke3.jpg
深日港は以前は淡路島へのフェリーで渡ることができた大阪の南の玄関口でした。今は深日港活性化イベントとして試験航海として不定期に運行があるものの、普段は穏やかな港です。
huke4.jpg
後ろに見えるのは関西電力多奈川第二発電所です。現在この発電所は長期計画停止中です。
0123.jpg
そんな多奈川は生息している生物は多く、大阪では珍しく『ハクセンシオマネキ』を見ることができます。
sio.jpg
そんな風に周辺を堪能していたらそろそろ日が暮れる時間に、夕陽をどこで見ようと地図とにらめっこしていると、岬町の小島に海に突き出た施設を発見。さっそく行ってみることに。
その施設は『とっとパーク小島』と言います。
totto.jpg
関西国際空港埋め立て土砂の積み出し桟橋を有効利用した海釣り公園です。
totto2.jpg
途中に白浜のとれとれヴィレッジにもあるドームハウスの事務所があったりします。
totto3.jpg
途中までは見学自由で先端は有料になっていて海釣り公園専用スペースになっています。
totto4.jpg
丁度日が沈む時間です。
hi.jpg
地図で見ると分かるのですが、ここから沈む夕日は淡路島の山に沈むので水平線には沈みません。でも180度海が見渡せるのでとっても良かったです。

場所:とっとパーク小島
公式サイト:とっとパーク小島

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年11月18日
« 前の記事「11月18日(土)19日(日)は大阪市北区中津で『ススマルシェ』」へ
»次の記事「毎年恒例「ドイツクリスマスマーケット大阪」が開催!」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    ユニバーサル・ワンダー・クリスマスを見て感動しました。
    大阪の冬の風物詩!イルミネーションバスに乗ろう
    大阪市内をパンダが走る!
    毎年恒例「ドイツクリスマスマーケット大阪」が開催!
    大阪できれいな夕陽を見たくて
    11月18日(土)19日(日)は大阪市北区中津で『ススマルシェ』
    伊丹空港の誰でも利用できる社員食堂
    穂谷コスモスの里がインスタ映えしない理由

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集