海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 駐車場ができて気軽に行けるようになった通称「32エ...

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月 3日

駐車場ができて気軽に行けるようになった通称「32エンド」


駐車場ができて気軽に行けるようになった通称「32エンド」

伊丹空港の着陸する場所は本当に頭上のすぐ上を飛行機が降りて来るので有名です。デートにも家族でも、また大阪観光のコースとしてもオススメの場所だったんですが、一つ問題がありました。

それは近くにきちんとした駐車場がありませんでした。少し歩いたところに豊中市伊丹市クリーンランドと言う焼却施設がありその横の余熱を利用したプールなどのスポーツ施設がありましたが、そちらも閉館しました。
最近伊丹空港の着陸スポット近くに駐車場ができたというので久しぶりに行ってきました。

なお我家が行ったのは夜でスマートフォンしかもっていかなかったので、この場所によく通われている私の知り合い塚本 潤一 さまより写真をお借りして通称32エンドと呼ばれる千里川の土手の様子をお伝えしたいと思います。

32エンドは通称です。32とは国際的な決まりで空港の滑走路には入ってくる方向を書くことになっています。真北に向って滑走路があれば、0度なんですが、360度で表記して「36」、東なら90度なので「09」と表記されています。滑走路の反対側は180度反対になるので18足した数字が書かれています。

すいません、脱線しました。

で、この場所がどれくらいすごいのかと言うと正面から飛行機がやってきます。
01.jpg
横からその1
02.jpg
もう1枚
702.jpg
特に3枚目のようなボーイング777-200のような大型機体は圧巻です。

伊丹空港32エンドは千里川沿いにあって、遠くから見るとこんな感じです。
08.jpg

駐車場ができたとは言えトイレがない場所なので、土手に行く前に近くにコンビニがあるのでそちらに行かれるとよいでしょう。

場所:伊丹空港32エンド(千里川土手)
住所:〒561-0807 大阪府豊中市原田中2丁目

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2018年2月 3日
« 前の記事「うそ替神事(大阪天満宮)」へ
»次の記事「あの京都の有名ラーメン屋さんが大阪でも」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    祝大阪万博再び!
    大阪のディープスポット西成を歩く
    2018年11月9日(金)11月18日(日)まで星空スタンド開催中です
    難波の木津市場でイカ三昧
    毎月第2土曜日は難波神社の大阪ぐりぐりマルシェ
    新世界で大阪の人気のお土産を聞いてみました。
    消えていく大阪市内の角打ち
    浪速区桜川にある十割お蕎麦屋さん

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集