海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 大阪天満宮「てんま天神梅まつり」

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月10日

大阪天満宮「てんま天神梅まつり」


大阪天満宮「てんま天神梅まつり」

菅原道真公を祀っている天満宮では梅の季節に梅の祭りがあります。天満宮と言えば、梅と牛ですが、何故梅かご存知ですか?

実は、菅原道真公が京都から太宰府に左遷された時に、庭にあった、桜と松と梅の木が主人がいなくなったことを大変悲しんだそうで、桜は悲しみのあまり枯れ、松は九州の方に飛んで行ったものの、神戸市須磨区の板宿辺りに落下。そして梅だけが太宰府に飛んで行ったそうです。

そんな天満宮と梅の話を前知識で知りながら天満宮に「てんま天神梅まつり」を見に行ってきました。

000.jpg

書院造り百畳敷きの参集殿にて「盆梅展と盆石展」も開催。期間は平成30年 2月10日(土)~3月11日(日)午前9時半~午後4時半まで入場受付(入場は午後4時まで)です。

私は「盆梅展と盆石展」には入らず外を楽しみました。

ume4.jpg

境内のあちこちに梅の木が

umeume.jpg

星合池に行くと
torii.jpg

池に梅が浮かんでいて、そこに願い玉を投げて見事乗ると大願が成就するらしい!?これ昨年は見なかったなぁ
ume0.jpg

ume1.jpg

ume11.jpg

境内にはお店も沢山
omi.jpg

猿回しも
saru.jpg

ten.jpg

「てんま天神梅まつり」は3月11日まで開催中です。是非お近くを通られた方はお立ち寄りくださいませ。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年3月10日
« 前の記事「さようなら新大阪発和歌山方面行の快速」へ
»次の記事「市民が作った桜の名所 大阪市港区の『桜通り』」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    浪速区桜川にある十割お蕎麦屋さん
    大正の老舗居酒屋の店名がロシアの都市の名前な訳
    3種のカレーを1度に食べる
    大阪の地蔵盆
    夏季限定のおすすめラーメン北区いぶきの「冷やしイリコそば」
    日本で唯一の水牛が食べられるお店が北区中津にオープン!
    大正駅の馬料理だけでない隠れ家的お店
    7月28日29日は浴衣を着てグランフロントへ

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集