海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その...

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月 7日

JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その2)


JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その2)

JRには大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができる特例があります。

範囲内なら何でもいいわけでなく、決まりがあって重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。

その特例を利用して新大阪から大阪まで7時間かけて旅行した第2回目です。

湖西線と北陸本線の合流する近江塩津から南へ向かい米原を目指します。途中みた琵琶湖が見えたと思ったら、余呉湖でした。
yogo.jpg
余呉湖を過ぎたら長浜・米原です。米原はJR東海からの列車も来るのと新幹線も走っているのでにぎやかな駅です。
313.jpg
米原から8両列車を増結し姫路を目指します。
re.jpg
ここからは駅も通過するので新快速らしい速度になりました。
やがて列車は草津へ。このままだと山科で一筆書きが終わるので、ここで草津線に乗り換え柘植駅を目指します。
113d.jpg
草津線は甲賀の忍者のふるさとを通ります。沿線も忍者の看板が増えます。やがて関西本線の柘植に到着です。
tuge.jpg
ここから加茂まではディーゼルカーで移動します。
syasou.jpg
この区間はこの旅の中で一番景色がいい所です。
kawa.jpg
やがて列車は加茂に到着しました。このあたりも大きなマンションが経っていますね。
kamo2.jpg
加茂から一駅木津まで行き、ここから学園都市線で京橋まで向かい、そこから環状線で大阪へ。
221.jpg
体力に余裕があればここから奈良・高田へ向かい和歌山経由で天王寺も行けるのですが、今回はここで最短ルートで大阪へ。
それでもとても楽しい鉄道の旅ができました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2018年5月 7日
« 前の記事「JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その1)」へ
»次の記事「此花区のワンコインお好み焼き」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    祝大阪万博再び!
    大阪のディープスポット西成を歩く
    2018年11月9日(金)11月18日(日)まで星空スタンド開催中です
    難波の木津市場でイカ三昧
    毎月第2土曜日は難波神社の大阪ぐりぐりマルシェ
    新世界で大阪の人気のお土産を聞いてみました。
    消えていく大阪市内の角打ち
    浪速区桜川にある十割お蕎麦屋さん

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集