海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その...

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月 6日

JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その1)


メール プリント もっと見る

JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その1)

JRには大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができる特例があります。

範囲内なら何でもいいわけでなく、決まりがあって重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。

つまり、乗ってルートが一筆書きであればこの特例が適応されます。

map.gif
[出典:JRお出かけネット]
https://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/normal_tickets/special_provisions06.html

この特例を使って出発駅からお隣の駅までの切符でいろんなところを通ることができるので最低運賃120円で例えて『120円大回り切符』とか言われています。

今回我家は連休中に無計画にこの大回りを実施。朝の9時半に新大阪から大阪までの160円の切符を買う。
160.jpg
新大阪を出発にした理由の一つに販売しているお弁当の種類が豊富ということがある。お弁当を選ぶだけでかなりの時間を要してしまった。
bee.jpg
まず目指した場所は湖西線と北陸本線が合流する奥琵琶湖に位置する近江塩津駅、ここまで湖西線でここから北陸本線で米原になんかする予定。
京都方面のホームに降りたらやってきたのは湖西線方面でない新快速でじっとしてても仕方ないのでとりあえず京都まで乗車し、京都から湖西線の普通に乗る。
000.jpg
昭和生まれのこの113系は今の電車と比べ物にならないくらい自己主張が激しい(笑)なにも考えずモハの車両に乗ったのでなおさらです。堅田で下車し追い抜くサンダーバードを撮影した後、あとからやってきた敦賀行きの新快速に乗る。
12.jpg
223.jpg
丁度田植えの時期で沿線は水をはった田んぼが広がっていました。
taue.jpg
近江今津では前4両だけが敦賀行きになり後ろの車両は切り離します。これを考慮せずに座っているとここから座れなくなるで敦賀方面に行かれる方は前よりの車両にお乗りください
hanasu.jpg
車両の切り離しは今でいうフォトジェニックなのかというとJRは貫通扉を閉めたままなので、作業的には連結器の切り離しのみなので意外と早いです。
列車は4両と身軽になる近江塩津に滑り込みました。
siotu.jpg
昔のことといえばおっさん臭いですが、直流電車をここで撮影するのは違和感があります。阪神の伝法大橋に近鉄電車が走ってるのと同じです。頭の中ではわかっているのですが、ここは昔は交流区間でした。長浜の直流以降奥琵琶湖沿線は直流化を望み今は敦賀と小浜線も直流電化である。
ここから北陸本線を南に下り米原方面姫路行きの新快速に乗る

(続く)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2018年5月 6日
« 前の記事「ゴールデンウィークは万博公園でカレーエキスポ」へ
»次の記事「JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その2)」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    京阪プレミアムカーでお得に移動するには
    城北公園でほっこり花しょうぶ園
    毎月第3日曜日は芦原橋駅すぐのアップマーケット!
    此花区のワンコインお好み焼き
    JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その2)
    JRの大都市近郊区間内の特例を使って旅行する(その1)
    ゴールデンウィークは万博公園でカレーエキスポ
    ゴールデンウィークは嵐山に直通特急が走ります。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集