海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 消えていく大阪市内の角打ち

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月30日

消えていく大阪市内の角打ち


消えていく大阪市内の角打ち

「角打ち」という言葉を知っていますか?「かくうち」と読みます。
「角打ち」ってなんでしょうか?本来の意味は酒屋さん直営の量り売りの立ち飲み屋のことだと思いますが、最近では酒屋さんが経営していない立ち飲み屋も「角打ち」なんて看板をあげているお店も見かけます。先日知り合いに立飲みや行こうと言われていったら、なんとイスがありまして(笑)
89.jpg
「角打ち」と「居酒屋」「立ち飲み屋」この3つのジャンルはきちんとすみわけしているのではなくなんとなくで分けている感じがします。

そんな「角打ち」ですが、梅田の隣中津には日本酒がおいしい角打ちがありました。ありましたというのは9月22日にお店を閉められました。
001.JPG
いろんな日本酒が飲めるおおにしはファンも多く遠くからも酒を飲み来るお店として有名でした。
002.JPG
私が最後の客だった日が何回かあったのでこんな写真も残っています。
011.jpg
ここで覚えた日本酒の種類は数多く
005.JPG
「角打ち」で食べれるものは簡単なものが多く、おおにしではおでんとしょうが天や刺身が人気でした。
13.jpg
またメニューになっていない常連さんだけの「カポネ」というメニューがあります。
カ・・・からあげ
ポ・・・ポンズ
ネ・・・ネギ
の頭文字をとったそうです。
123.jpg
もう1品が「コマネチ」これは
コ・・・コーンビーフ
マ・・・マヨネーズ
ネ・・・ネギ
最後のチはというとレンジでチンだそうです。
234.jpg

ここまで読んだみなさん、かなり飲みたくなってきたでしょう。大阪市内にはまだまだ角打ちと呼ばれるお店が頑張って営業されています。ぜひあなただけの角打ちを見つけて友達に自慢して、連れて行ってあげてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年9月30日
« 前の記事「浪速区桜川にある十割お蕎麦屋さん」へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    消えていく大阪市内の角打ち
    浪速区桜川にある十割お蕎麦屋さん
    大正の老舗居酒屋の店名がロシアの都市の名前な訳
    3種のカレーを1度に食べる
    大阪の地蔵盆
    夏季限定のおすすめラーメン北区いぶきの「冷やしイリコそば」
    日本で唯一の水牛が食べられるお店が北区中津にオープン!
    大正駅の馬料理だけでない隠れ家的お店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    安治川の下を通る『安治川トンネル』
    孤独のグルメ(マンガ)で有名な中津のたこ焼き屋
    大阪市中央卸売市場 本場近くの10円自動販売機
    大正区の2つのエイサー祭り

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集