海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 毎月第2土曜日は難波神社の大阪ぐりぐりマルシェ

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月21日

毎月第2土曜日は難波神社の大阪ぐりぐりマルシェ


毎月第2土曜日は難波神社の大阪ぐりぐりマルシェ

月に1度大阪の真ん中難波神社がにぎやかになります。
098.jpg

コンセプトはGreen Good Link =略して ぐりぐり
つくる人と食べる(使う)人が直接出会うことからわかること。
気持ちが直接伝わる農産物(や加工品)をいただくこと。

育てる人、料理(加工)する人、食する人。
皆のこころがつながるマルシェを目指しています。

*大地になるべく負担をかけない、自然によりそう農法でつくられた農産物や加工品。
*旬を大事にした地元野菜の販売。
*農業/第一次産業を応援する地場産品の販売。
*加工者や料理人の出展による、加工ワークショップやカフェの実施。
など
この日ばかりは境内はお店に人に大賑わいです。
guri2.jpg

コンセプトのとおりこだわりの出展者さんが数多く販売されます。
oo.jpg

89.jpg

98.jpg

イベント名:大阪ぐりぐりマルシェ
住所:大阪府大阪市中央区博労町4丁目1−3 難波神社内
ホームページ:https://green39.jimdo.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年10月21日
« 前の記事「新世界で大阪の人気のお土産を聞いてみました。」へ
»次の記事「難波の木津市場でイカ三昧」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    大阪のディープスポット西成を歩く
    2018年11月9日(金)11月18日(日)まで星空スタンド開催中です
    難波の木津市場でイカ三昧
    毎月第2土曜日は難波神社の大阪ぐりぐりマルシェ
    新世界で大阪の人気のお土産を聞いてみました。
    消えていく大阪市内の角打ち
    浪速区桜川にある十割お蕎麦屋さん
    大正の老舗居酒屋の店名がロシアの都市の名前な訳
    1年前の同じ月に投稿された記事
    伊丹空港の誰でも利用できる社員食堂
    穂谷コスモスの里がインスタ映えしない理由
    大阪四天王寺で『秋の大古本祭り』
    リンゴづくしのりんご専門のカフェ「elicafe」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集