海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/大阪2特派員ブログ

日本国内/大阪2特派員ブログ かおり

日本国内・大阪2特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは。
大阪特派員のかおりです。

前回の記事に引き続き、万博記念公園のイベントのお知らせです。

6/29(金)~7/1(日)・6(金)~8(日)・13(金)~16(祝)、早朝観蓮会&象鼻杯が行われています。

DSC_0687.JPG


通常9:30から開園のところ、ハスの花を観賞できるよう、早朝6:00~ハス池のある日本庭園が開園されます。
ハスは早朝から咲き始め、午後になると閉じてしまうので、つぼみから徐々に開いていくのを見るためには朝早くがいちばんということになるんです。

DSC_0732.JPG


DSC_0000.JPG


これはハスではなく、スイレン。
はす池には、26品種1200株のハスと、7品種1000株のスイレンがあるそうです。
ハスは茎の先に花をつけますが、スイレンは水面に花を浮かべます。

DSC_0735.JPG


象鼻杯とは、中心に穴を開けて茎と通じさせたハスの葉にお酒を注ぎ、その長い茎から飲むのですが、その姿が象の鼻に似ているところから名前がつけられました。
日本酒だけではなく、ペットボトルのお茶も用意されています。
車で来られた方やお子様でも体験することができますので、ご安心を。
結構強い力で吸わないと出てきません。
私が行った日には、7時頃はまだありましたが、先着300名ですのでお早めに。
象鼻杯の後には、日本酒にハスの茎の香りをづけをしたハス酒が先着100名で試飲できるようです。
こちらは私は飲んでいないのですが、興味をそそられます。
象鼻杯とハス酒の試飲会は期間中の土・日・祝日の6:00~で、金曜日は開催されませんのでお気をつけ下さい。

DSC_0719.JPG


期間中の土・日・祝日の6時~、はす池前の「はす庵」では、朝粥定食を150食限定で食べることができます。
お粥にハスの実が入っています。

DSC_0761.JPG


写真撮影に三脚は使用可能なので、たくさんのカメラマンが写真を撮っておられました。
写真コンテストも開催されますので、腕に自信のある方はぜひご参加下さい。

DSC_0724.JPG


DSC_0772.JPG


この週末、大阪は天気予報が雨。
雨に濡れる花は魅力的ですが、かなり強い雨になりそうです。
7/6現在、関西地方は大雨のため、高速道路の通行止めや電車の運転見合わせ、河川の氾濫の危険な地域がありますので、お出掛けの前には天気予報と交通情報をご確認下さい。
もしかしたら7/8(日)は雨がやんでいる時間帯もあるかもしれませんが、7/13(金)~16(祝)には梅雨が明けていることを願って、待ってもいいかもしれませんね。



【万博記念公園】
〇住所 大阪府吹田市千里万博公園1-1
〇URL http://www.expo70-park.jp/
〇早朝観蓮会&象鼻会のイベント情報 http://www.expo70-park.jp/event/14385/


2018年7月 6日

こんにちは。

このたび大阪特派員になりました、かおりです。
今年の3月まで徳島特派員として記事を書かせていただいておりましたが、夫の転勤で大阪に転居しましたので、今度は大阪特派員として活動させていただきます。

私は大阪出身ではないのですが、大阪には3回目、計15年ぐらい住んでおります。
ある程度の知識はあるものの、大阪といっても広い!
まだまだ行ったことのないところはたくさんあります。
今回の大阪住まいで勉強しつつ、大阪府全体の紹介をしていきたいと思っております。
主に、小学生と一緒に行っても楽しめる場所を紹介する予定です。

今回、ご紹介するのは、万博記念公園にある太陽の塔です。
大阪府吹田市のシンボルとも言える建造物です。
現在、大阪では2025年の大阪万博の誘致に必死ですが、その原点となる48年前の1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルタワーです。
DSC_0001.JPG


後ろから見るとこんな感じ。
DSC_0929.JPG


この太陽の塔が、今年の3月より内部公開されています。
「太陽の塔オフィシャルサイト」より予約をしないと入館できませんので、必ず予約をしてから行って下さい。
だいぶん落ち着いたようにも思いますが、夏休みは既にほぼ埋まっています。
4か月前から予約できますので、涼しくなった秋口にコスモスフェアと絡めて行くのもおすすめかなと思います。
入館料は現地払い、ネットからキャンセルも簡単にできるので、キャンセル率も高いと聞きました。
私は5月の土曜日の夕方の時間を3日前に予約することができましたので、サイトをこまめにチェックしていたら、案外直前に予約することができるかもしれません。

着いたら、万博記念公園中央口に行って下さい。
そこに専用チケット口がありますので、予約時に発券されたQRコードを見せて入館料を支払って下さい。

チケットをもらったら、塔に向かいます。
入り口は地面に潜る感じになっています。
館内は写真撮影禁止です。
なので、入り口のこんな写真しかありませんが、ここでチケットを見せて入館します。
DSC_0247.JPG


この塔の内部は階段で登って行くのですが、両腕の辺りの高さまで行くことができます。
この腕には秘密が隠されています。
驚きましたので、これは行ってからのお楽しみ。
エレベーターもあり、車椅子の方でも入館できますのでご安心を。
階段を登りながら様々な角度から展示物を見るのが楽しいですので、元気な方は必ず階段で行きましょう。
展望台があって外に出ることができるということはありませんので、そこのところはお間違いなく。
私はいちばん上の鳥?のような顔から外に出られるのではないかと思っていました。
そんなわけはないですね。
30分ぐらいで一巡することができます。

出口付近には太陽の塔グッズを売っているミュージアムショップがあります。
なかなかお洒落なデザインのものばかりでした。

皆さんもぜひ岡本太郎さんの想像力に魅了されて下さい!



【万博記念公園】
〇住所 大阪府吹田市千里万博公園1-1
〇URL http://www.expo70-park.jp/
〇太陽の塔オフィシャルサイト http://taiyounotou-expo70.jp/
 (太陽の塔への入館は、こちらのサイトから予約できます。)


2018年7月 5日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 大阪2特派員

    大阪2特派員
    かおり
    地球の歩き方旧徳島Web特派員。夫の転勤により、徳島から大阪へ転居。2018年3月より3度目の大阪府在住となったため、徳島特派員から大阪特派員へと場所を変えて引き続き執筆させていただくことになりました。小学生の息子と3人暮らし。趣味は、旅行・写真。子供と一緒に楽しめる大阪の様々な場所を紹介していきます。
    Blog:子供遊び DISQUS ID @disqus_LT4UDo3c6c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集