海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オスロ特派員ブログ > ヨーロッパで初のノルウェー産日本酒「裸島」

ノルウェー/オスロ特派員ブログ 鐙 麻樹

ノルウェー・オスロ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月27日

ヨーロッパで初のノルウェー産日本酒「裸島」


ヨーロッパで初のノルウェー産日本酒「裸島」

flaskestripe_4-2.JPG

ヨーロッパで初の、そして唯一の日本酒は、
実は北欧ノルウェーで生産されていることをご存知だろうか。
その名も、「裸島」(ハダカジマ)。

logo_name.jpgのサムネール画像のサムネール画像  ノルウェーのヌウグネ・エウ(Nøgne Ø)社は、個性的な味がするクラフトビールを提供するブランドとして、地元民から熱い支持を受けている。英語の「O」というアルファベットの上に、斜め線を引いた「Ø」という文字のラベルが貼られたビール瓶は、ノルウェーのレストランやバーなどでよく目にする。
詳細「ノルウェーで大人気のクラフトビールNøgne Ø

steaming1.JPG  「Nøgne Ø」は日本語で「裸島」という意味だ。2003年からビールを製造し始め、2010年からはなんと日本酒を作り始めた。その日本酒名が「裸島」(ハダカジマ)。北海道の酒米「吟風(ぎんぷう)」を使用して、ノルウェー南部のグリムスタで純米無濾過生原酒を醸造している。

Yamahai Muroka Junmai-shu.jpg  北海道産の米でできたノルウェー産のこの日本酒は、山廃仕込み。「裸島」は6種類あるが、ノルウェー国内でメインで販売されているのは、薄紫色の文字ラベルが貼られた「山廃 無ろか 純米酒」だ。アルコール分16.0% 、350mlの純米酒は、日本円で1785円。ノルウェー国内では98,30ノルウェークローネで、アルコール専売店であるヴィンモノポーレ(Vinmonopolet)で購入可能。

kjetil2profilphoto.jpg ノルウェーの醸造所で「裸島」を作っているのは、ノルウェー人杜氏であるシェティル・ジキウン(Kjetil Jikiun)氏だ。今回は、シェティル氏に「裸島」について聞いてみた。
 「山廃仕込みの日本酒は、西洋の料理と相性が良いのです。例えば、チーズや脂肪分のあるソース。私たちの酒は、リッチなテイストで、酸度が高めです。得に裸島のアミノ酸度は、日本で生産されている通常の日本酒よりもかなり高めといえるでしょう」

pressing1.JPGのサムネール画像 ーどうして日本酒を作り始めようと思ったのですか
「"酒"には、多種多様な味があります。私たちNøgne Ø社もノルウェーで酒を作らなければ!と思ったのです」
ー「裸島」を飲んだ人々からはどうのような反応が返ってきますか
「多くの人達はポジティブな反応をしてくれますが、山廃仕込みの日本酒を口にしたことがない人からは、"これは酒ではない"と言われることもあります」

washing.JPG Koji making.JPG 「ノルウェーで酒を作るということは、もちろん残念なことでもあります。実際、現時点で"裸島"の売り上げはあまり良くありません。しかし、私達は熱意で動く醸造所です。"作りたい!"と思ったものを、作り続けます」

hand bottling.JPG  ノルウェー産の日本酒が、そのユニークな特質上、時に暗礁に乗り上げることもあると語るシェティル氏。しかし、状況は変わってきている。8月20日、酒ソムリエ・アソシーエション主催によるロンドンで開催された第一回SAKE品評会「ロンドン酒チャレンジ」で、「裸島 山廃 酛しぼり」が金賞、「裸島 純米」が銅賞を獲得した。まだ、「裸島」の醸造が開始されてから3年ばかりしか経っていないことを考えると、これは画期的な出来事といえるだろう。シェティル氏たちNøgne Ø社の熱意がこもったノルウェー産の個性的な日本酒は、世界で認め始められてきているのかもしれない。

●Nøgne Ø公式ページ (英語)

●Nøgne Ø「裸島」公式ブログ (英語)

●日本からNøgne Øのビールと日本酒を購入できるサイト「えぞ麦酒&外国産ビール ノルウェービール&エール ★ Nøgne Ø」

●ロンドン酒チャレンジ2012 受賞酒発表


(9月のお題"地酒")
Photos: Nøgne Ø

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2012年9月27日
« 前の記事「ノルウェーで大人気のクラフトビールNøgne Ø」へ
»次の記事「2013年 オスロ中心地にスターバックスがオープン」 へ
オスロ特派員 新着記事
滞在許可のない人はノルウェー入国拒否
日本を含む北欧諸国以外からノルウェーへのすべての人、観光客は自宅隔離2週間
新型コロナウイルス対策でムンク美術館など一時休館へ
雪はどこ?今年のオスロの冬
オスロのカフェ「Espresso House」で休憩
オスロ空港のFiskerietでフィッシュケーキを食べよう
ヴィーガンやベジタリアンのためのカフェNORDVEGAN
オスロのクリスマスマーケットは12月30日まで
1年前の同じ月に投稿された記事
9月のお題 ノルウェーの"就職活動"
ノルウェーのクレジットカード事情
ハリネズミの置物
カッフェ・ブレンネリーエでコーヒーブレイク
国立美術館の青いシール
トイエン駅のムンク作品の壁画
ブック・フェスティバル2011
国立美術館「フランスの間」カフェ
シロクマのブックマーク
ちょっとおしゃれなマグネット
オスロ中心地での女性のひとり歩きに注意
トナカイではなくヘラジカ!
レストラン・バー Café Sjakk Matt

ノルウェー ツアー最安値


2020/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ノルウェー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方Web特派員募集