海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オスロ特派員ブログ > ノルウェーの夏至祭で出会った若者たち

ノルウェー/オスロ特派員ブログ 鐙 麻樹

ノルウェー・オスロ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月26日

ノルウェーの夏至祭で出会った若者たち


ノルウェーの夏至祭で出会った若者たち

norway_midsummer_asakiabumi-1-23.JPG

 北欧の夏至祭といえば、スウェーデンなどで大規模にお祝いされているが、ノルウェーではどうなのだろう。ノルウェーでは21日(土)ではなく、23日(月)に「サンクトハンス」(Sankthans)と呼び、洗礼者ヨハネの祝日と季節の祝祭を祝う。
Text&Photo: Asaki Abumi

norway_midsummer_asakiabumi-3.JPG

 ノルウェーではこの日は祝日とされておらず、私の周囲のノルウェー人は誰も特別にお祝いしたり、外出していないので、あまり大きなイベントではないのかなという印象があった。どうやら、子ども向けの行事という側面が強いらしい。北欧他国のように、焚き火(たきび)を見ながら夜も眠らずに過ごすというよりは、親が子連れででかけ、子どもは花飾りを頭に飾り、湖やフィヨルド沿いで焚き木を見ながら、アイスやホットドックを食べたり、バーベキューをするようだ。

norway_midsummer_asakiabumi-9.JPG

 ベルゲンやオスロ郊外では大規模な焚き火も開催されるが、オスロ中心地ではどうなのだろう。今年はオスロでは42カ所で焚き火がされるとのことだったが、全てはまわれないので、3カ所をぐるりとまわってみた。各地で出会ったのは、子連れの親子と、フィヨルド沿いでのんびりとした時間を楽しむ若者たちだった。

norway_midsummer_asakiabumi-11.jpg

 観光スポットでもある民族博物館では、ファミリー向けのイベントが開催された。実際に焚き木に火はつけず、緑の焚き木から煙がでるように細工されていた。
 夏至祭で定番の子どもの結婚式に加えて、子ども達に人気のあるアーティストが野外コンサートを開催。大人も混ざって、円を描いたダンスも披露された。伝統衣装を着て、花飾りをかぶった子どもたちは、まるで天使のようにかわいらしい。

norway_midsummer_asakiabumi-13.jpg

 ヴァイキング船博物館や民族博物館からバスに乗って、すぐ近くのフークという浜辺に向かうと、フィヨルド沿いに焚き木が用意されており、ノルウェー人家族やカップルがバーベキューや日向ぼっこを楽しんでいた。

norway_midsummer_asakiabumi-5.JPG

 焚き木にまだ火はつけられていなかった。待とうかなとも迷ったが、中心地の様子も見てみたかったので、移動した。

norway_midsummer_asakiabumi-6.JPG

 中心地へ戻って、オスロフィヨルド沿いにある再開発エリア、アーケル・ブリッゲへ向かった。美術館前にあるフィヨルドに焚き木が浮かぶように設置されており、ゆらゆらと揺れる炎を親子や若者が静かに見守っていた。

norway_midsummer_asakiabumi-7.JPG

 オスロの若者にとって、焚き火や花飾りはマストなアイテムではないようだ。むしろ、水辺沿いで、家族、友人、恋人など大事な人と一緒にゆっくりとした時間を過ごす日なのかもしれない。

norway_midsummer_asakiabumi-8.JPG

 アーケル・ブリッゲで音楽を奏でていたミュージシャン。「素敵な音をありがとう」と聞いていた女性がお礼を言った。

関連記事

2013年の夏至祭 湖で「北欧ノルウェーの夏至祭 花飾りの若者たち」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2014年6月26日
« 前の記事「人気子どもアニメ「エリアス」も登場! オスロフィヨルドの夏イベント」へ
»次の記事「地域活性化に貢献するオスロのかわいい雑貨店ユニーク」 へ
オスロ特派員 新着記事
オスロでおいしい体験ができる9つの飲食店
オスロの抹茶カフェ Matcha Cafe
滞在許可のない人はノルウェー入国拒否
日本を含む北欧諸国以外からノルウェーへのすべての人、観光客は自宅隔離2週間
新型コロナウイルス対策でムンク美術館など一時休館へ
雪はどこ?今年のオスロの冬
オスロのカフェ「Espresso House」で休憩
オスロ空港のFiskerietでフィッシュケーキを食べよう
1年前の同じ月に投稿された記事
青少年の社会復帰を支援するヴィンテージ店「マリータ・ブティッケン」
歴史あるノルウェーパン、カフェ「バーケル・ブルン」
オスロの夏は、Supreme Roastworksの浅煎りアイスコーヒーを
北欧ノルウェーの夏至祭 花飾りの若者たち
北欧ノルウェーのヴィンテージデザイン展が東京で開催
ノルウェーのアンティークが集まる中古館Brukthandel

ノルウェー ツアー最安値


2020/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ノルウェー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方Web特派員募集