海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オスロ特派員ブログ > 国際イプセン演劇祭2018 現地レポート ノルウェ...

ノルウェー/オスロ特派員ブログ 鐙 麻樹

ノルウェー・オスロ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月30日

国際イプセン演劇祭2018 現地レポート ノルウェーを理解するならイプセンを知ろう


国際イプセン演劇祭2018 現地レポート ノルウェーを理解するならイプセンを知ろう

ノルウェー最大級の演劇祭となる「国際イプセン演劇祭」(Ibsenfestival)が、オスロで開催されました。
ノルウェー出身の劇作家ヘンリック・イプセン(1828-1906)の作品は、今も世界中で上演中。

ibsenfestivalen_asakiabumi_henrikibsen_small-.jpg

『叫び』を描いたエドヴァルド・ムンク、『人形の家』などを書いたヘンリック・イプセンの作品は、「ノルウェーという国やアイデンティティを理解しようとする時に、非常に役立つ資料となる」と、私は思っています。
 


ノルウェーに交換留学などに来る方であれば、イプセンの作品は、英語やノルウェー語で読むこともあるでしょう。昔の映画作品は、見ていると眠くなることもあり、昔のノルウェー語であるオリジナルの本を読むのは大変です。そういう時は、イプセン演劇祭が役立つ教材となってくれると思います。
 

各国の劇団がそれぞれの解釈で表現するイプセンの世界。なぜ、ノルウェーは男女平等で有名なのか。イプセンの時代に、女性たちがこのように描かれることが、なぜ画期的だったのか。当時の、そして今も残る、「ノルウェー社会のタブー」とは何なのか。いろいろと深く考えさせられるのがイプセンの世界です。
 


イプセン演劇祭は、取材をしてすでに3~4回目になります。今年の演劇祭は、今までと比べると、「冒険しすぎている」か、「独特すぎて、わからなかった」作品が特に多い年だったなと感じています。 

途中で服を全部抜いで、裸になるという役者は、今年はいませんでした。「おいおいおい」ということが起こりやすいのも、イプセン演劇祭です。
 


オスロには、イプセン博物館があり、中心部から徒歩でアクセスできます。ノルウェーの女性の生き方や演劇というテーマに関心が高い方には、おすすめの観光スポットです。
 


今年の演劇祭は9月8~19日に開催されました。
 


一部の演目、『ヘッダ・ガーブレル』は今も上演中。
9月28日~10月6日は、全演目のチケット料金が半額になっているそうなので、演劇をあまり見たことがないという方は、この機会にノルウェー国立劇場 に足を運んでみるのもいいかもしれません。
 


 

さて、私が今回見た演目の一部をご紹介させていただきます。

 

今年は、自由奔放なペール・ギュントが旅をする、『ペール・ギュント』が、注目プログラムでした。スウェーデンとフランスというふたつの異なる国の劇団が、独自に解釈して創り出した舞台です。
 

自由奔放、自分勝手なペールの生涯と、それに振り回される女性たち。今のノルウェーの価値観では、「男性を待つ」という受け身の女性の姿は好ましく見られないため、劇団によってはラストのストーリーを大幅に変えることもあります。 

スウェーデンの首都ストックホルム。ノルウェーの隣国、Dramaten劇場から来た『ペール・ギュント』の表現する世界は、私には少々ミニマリズムすぎました。

ibsenfestivalen-1601.jpg

Photo:Ibsenfestival, Nationaltheatret, Sören Vilks


 


フランスのCDN de Normandie-Rouen劇場による『ペール・ギュント』は、対照的に、派手な舞台演出と音楽に溢れた世界。両方とも、特にフランス版では、妖怪トロルがほとんど人間のように見えたのが印象的でした。

ibsenfestivalen-10.jpg
Photo:Ibsenfestival, Nationaltheatret, Arnaud Bertereau


演劇祭では、イプセンの演目以外の作品も、上演されます。ドイツからのBekannte Gefühle, gemischte GesichterのChristoph Marthaler監督は、今年のイプセン賞を受賞。役者やアーティストに「消費期限」はあるのか?市場と役者の関係性などを、言葉少なく、音楽いっぱいでシュールに描いていました。観客席からは、笑いの渦が何度も巻き起こっていました。今の時代に生きる劇団にとっての、挑戦的な舞台づくりは何かを考えさせます。

ibsenfestivalen-.jpg

Photo:Ibsenfestival, Nationaltheatret
 

イプセンの『小さなエヨルフ』は、人間の嫉妬、愛情、大人に振り回される子ども、死、というような、人間のうずまく感情が込められた作品です。イプセン演劇祭では何度か見てきたのですが、今回のノルウェー版は独特で、正直意味がわからない再構成でした。確かに、「観客はこの演目を忘れることができないだろう」というのは当たってはいます。見るものを当惑させるから。

ibsenfestivalen-2653.jpg

Photo:Ibsenfestival, Nationaltheatret, Dag Jenssen


「今まで通りに上演しない」、イプセン演劇祭の個性は今でも続いています。

Text:Asaki Abumi

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2018年9月30日
« 前の記事「オーガニックが人気、オイヤ音楽祭のフェスごはん 写真レポート2」へ
»次の記事「マルレーネ・デュマスとムンク展覧会 ムンク美術館」 へ
おすすめ記事
    オスロ特派員 新着記事
    北欧の冬に!光に反射するマフラーと帽子 交通安全対策 ノルウェーのMorild Norway
    Elisabeth Stray Pedersenのノルウェーウールコートをお土産に?
    オスロのカフェ、フグレンの姉妹店Vingen Barでランチ
    Tim Wendelboeカフェで、コーヒー4種類の贅沢コース
    マルレーネ・デュマスとムンク展覧会 ムンク美術館
    国際イプセン演劇祭2018 現地レポート ノルウェーを理解するならイプセンを知ろう
    オーガニックが人気、オイヤ音楽祭のフェスごはん 写真レポート2
    変化するノルウェー料理 オイヤ音楽祭のフェスごはん 写真レポート1
    1年前の同じ月に投稿された記事
    オスロで初・最大級のコーヒーフェス開催
    9/22はブラックメタル「Satyricon」の生ライブがFacebookで視聴可能!
    オスロで開催、秋の「移動する」ファマーズマーケット
    オスロ市庁舎前でおいしい食の祭典「Matstreif」
    混雑せずにムンクの『叫び』と記念撮影できるオスロへようこそ

    ノルウェー ツアー最安値


    2018/10/22更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ノルウェー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オスロ特派員

      オスロ特派員
      鐙 麻樹
      【Asaki Abumi】上智大学フランス語学科卒業。オスロ大学でメディア学学士号・大学院で修士号を取得。ジャーナリスト、写真家として数多くの媒体に寄稿。報道リサーチや翻訳、メディア・企業向けコーディネーター、コンサルタントとしても活動中。珍しい存在として、現地で取材を受けることも(一例:雑誌Plnty)。2015年に産業推進機関イノベーション・ノルウェーより活動実績を表彰される。InstagramFacebookTwitter公式HPYahoo!JAPAN NEWS朝日新聞Globe+LINE@、「ここでしか読めない」情報をnoteで配信中

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集