海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オスロ2特派員ブログ > アート鑑賞をしながらオスロを街歩き/ 北欧ノルウェ...

ノルウェー/オスロ2特派員ブログ る。

ノルウェー・オスロ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月31日

アート鑑賞をしながらオスロを街歩き/ 北欧ノルウェー


メール プリント もっと見る

アート鑑賞をしながらオスロを街歩き/ 北欧ノルウェー

オスロの街を歩いていると様々な芸術作品に出会います。

1 Karl Johans gate 02847.JPG

(Nedre Slottsgate通りとKarl Johans gate通りの十字路付近にて)
例えばこのような建築装飾。
建物を支えているかのような天使たちの姿には、思わず微笑んでしまいます。


2 Oslo 03162.JPG

Per Ung, Mannen med sykkelen, 2007.
オスロのメイン・ストリート、カール・ヨハン通りで自転車を片手に立つノルウェー人。
ノルウェーの彫刻家Per Ung(ペール・ウン)の作品です。
第二次世界大戦下のオスロにて、占領軍に対する勇敢な抵抗運動を行ったレジスタンス・グループの英雄Gunnar Sønsteby(グンナル・ソンステビィ)のブロンズ像。
1940年4月9日、ドイツ軍がオスロの街に侵攻する光景をGunnar Sønstebyが自転車を片手にこのカール・ヨハン通りから見ていた姿を作品にしています。

3 Oslo 03161.JPG

Per Ung, Mannen med sykkelen, 2007.
この作品は通りすがりの人々を惹きつける魅力があるようで、写真撮影をしている人をよく見かけます。
特に、こちら側から見るポケットに手を入れている姿はGunnar Sønstebyの英雄気質がよく表現されていると感じます。
どことなく粋な雰囲気も感じられますよね。
カール・ヨハン通りを観光の際にはぜひ見て頂きたいおすすめの作品です。


4 Oslo 03315.JPG

国立劇場と地下鉄(T-bane)のNationaltheatret駅との間の広場にあるのがこの噴水。
ノルウェーの芸術家Carl Nesjarによるデザイン。
孔雀という呼び名です。
ちょうど孔雀が広げた羽のように見えます。


5 Oslo 03234.JPG

Lars Ø. Ramberg, Liberté.
国立劇場と国会議事堂の間の広場に赤、白、青のボックスが並んでいます。
ノルウェーのアーティストLars Rambergによる、フランスのJCDecaux社デザインの全自動公衆トイレを使ったインスタレーション・アート。
作品名は«Liberté»。(フランス語で「自由」の意味。)
街行く人々にナショナル・アイデンティティや民主政治について考えてもらいたいという意味が込められています。
ノルウェーでは、公共空間にてより多くの人々に質の高い芸術を提供する為に公の機関KOROが数々のアート・プロジェクトを担っています。
こちらの作品はその一貫です。


6 Oslo Fortuna 03071.JPG

Per Ung, Fru Fortuna, 2005.
オスロ中央駅付近の建物の壁面にブロンズ像が飾られています。
前述のノルウェーの彫刻家Per Ungの作品で、ローマ神話の幸運の女神(運命の女神)フォーチュナを表現しています。
布きれを風にはためかせながら不安定な球体に乗っているフォーチュナは、気まぐれや変わりやすさの象徴でもあります。


7 Den Norske Opera & Ballett 03488.JPG

国立オペラ&バレエ劇場は建物自体が芸術作品。
建築・ランドスケープ・インテリアデザインを手掛けるノルウェーの建築設計事務所Snøhetta(スノーヘッタ)によるデザインです。


8 Den Norske Opera & Ballett 03500.JPG

建物の周囲と屋根全面に33,000枚の大理石板が施されています。
Snøhetta(スノーヘッタ)とのコラボレーションでノルウェーのアーティスト等による作品です。
こちらも前述のKOROプロジェクトの一貫。
曇りの日はライトグレーの空と大理石面に一体感が生まれ、晴天の日には大理石面に太陽光が反射し眩しいほどに光が溢れます。
季節や天気、一日の中でも光の具合いによって異なる表情を見せてくれる作品です。

散策しながらアート作品を鑑賞するのもオスロの街歩きの楽しみのひとつです。


KORO / Public Art Norway
URL: http://publicartnorway.org



* All photos credit to the author.


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年7月31日
« 前の記事「パッケージデザインにも注目! ノルウェーのお土産にフレイア社のチョコレート」へ
»次の記事「オスロ大学アウラ講堂のムンク作品 今夏一般公開は8月5日(金)まで!」 へ
おすすめ記事
    オスロ2特派員 新着記事
    フォトジェニックポイントを探しにオスロ散策はいかが/ シルケ通り (Kirkegata)
    シンディー・シャーマンの「Untitled #92」等々、オスロ・現代美術館の写真展「SNAP」/ 北欧
    スウェーデンでは夏の風物詩 楽しかった夏にひとときのお別れ ザリガニパーティー/ 北欧
    デンマーク語で「グレーネ姉妹」という意味の店名 雑貨店「Søstrene Grene(ソストレーネ・グレーネ)」でお土産探し/ 北欧・オスロ
    日本でブームの兆し!?のサバの缶詰 ノルウェーのサバ缶はトマト煮!
    麦の穂を持ち、瞳は食パン!? ベーカリー「リトルマーメイド」のイメージキャラクターが可愛らしい!
    日本に居ながら北欧気分に 7月31日(月)の閉店までに是非 青山アンデルセンへ
    キャラメルのような色と甘味のブラウンチーズ/ 北欧・ノルウェーを代表する食材

    ノルウェー ツアー最安値


    2017/10/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ノルウェー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オスロ2特派員

      オスロ2特派員
      る。
      2015年よりノルウェーのオスロで生活。オスロ大学にて美術史を専攻中。スウェーデン留学時(2009 - 2010年)にはスウェーデン料理と食文化について学びました。フードアナリスト®。北欧の食やカフェ巡り、美術やアート・デザイン、雑貨に興味津々。生活経験のあるスウェーデンとノルウェーは勿論のこと、デンマーク、フィンランド、アイスランドも含め、北欧に大きな魅力を感じています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集