海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オスロ2特派員ブログ > ノルウェーの画家アイリフ・ペーテシェンの「夏の夜」...

ノルウェー/オスロ2特派員ブログ る。

ノルウェー・オスロ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月27日

ノルウェーの画家アイリフ・ペーテシェンの「夏の夜」が「北斎とジャポニスム」展に/ 国立西洋美術館


ノルウェーの画家アイリフ・ペーテシェンの「夏の夜」が「北斎とジャポニスム」展に/ 国立西洋美術館

DSC05249 (2).JPG


上野にある国立西洋美術館で開催中の「北斎とジャポニスム」展。
葛飾北斎の作品が、印象派をはじめとした19世紀後半の西洋美術に影響を与えた、という観点から企画された展覧会です。
19世紀半ばに日本開国して以降、日本の美術や工芸品がヨーロッパでもてはやされ、ジャポニスムという日本趣味が広まりました。
また、西洋の芸術家が日本美術からインスピレーションを受けて自らの創作に取り入れたことも、ジャポニスムと呼ばれます。


ジャポニスムはフランスを中心とした現象ですが、その影響は北欧にも広がりました。
ノルウェーの代表的な画家Eilif Peterssen(アイリフ・ペーテシェン)の作品「Sommernatt(夏の夜)」(1886年)にも日本美術からの影響が見られます。
オスロ郊外のフレスクムで1886年夏に描かれました。
ノルウェーの薄明るい夏の夜の風景を描いています。
一見すると、まるで写真で写したような自然主義的な絵ですが、よく見てみると自然の持つ本来の色とは少々異なっていることに気が付きます。


色彩が単一的にまとまり平面性を強調する傾向への兆しが見られます。
前景と遠景の距離が比較的近い空間の構築も日本美術からの影響があると言われています。
また、画面の前景の中央に木の幹が描かれた大胆な構図は、北斎作品からのインスピレーションが見られると言えます。


絵画(油彩/キャンバス)の寸法は133 x 151 cm。
この絵の前に思わず立ち止まって見入っていらっしゃる鑑賞者を何人か見かけました。
水底が見えるような水面の透明感等、今回の展覧会で他の作品と比較して際立っていたと感じます。


「北斎とジャポニスム」展に出展されていますので、2018年1月28日(日)の会期終了まであとわずかですが、お時間のある方はぜひ足を運んでみて下さい。



会場: 国立西洋美術館
住所: 〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
TEL: 03-5777-8600
URL: http://hokusai-japonisme.jp/outline.html



* 掲載内容は記事公開時点のものです。
* All photos credit to the author.


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2018年1月27日
« 前の記事「ノルウェーの国民的作家Knausgård(クナウスゴール)のキュレーション力に称賛!展覧会Towards...」へ
»次の記事「Baker Hansenのスムージー/ 北欧・オスロのカフェ」 へ
オスロ2特派員 新着記事
北欧・スウェーデンで大人気の菓子パン・セムロール(セムラ)
コーデ美術館カフェ Smakverket(スマークヴェルケ)/ノルウェー・ベルゲンおすすめのランチ
カフェ・アアルト(Café Aalto)/ フィンランド・ヘルシンキ
カフェ・アアルトのハウスパイ(House pie)/ フィンランド・ヘルシンキ
マリメッコ社員食堂maritori(マリトリ)にてランチ カリフラワーのグラタン/ フィンランド・ヘルシンキ
マリメッコ社員食堂のLunch(13.40ユーロ)メニューをレポート!/ フィンランド・ヘルシンキのmaritori(マリトリ)
フィンエアーのラウンジで軽食を!/ ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
日本から直行便で行ける北欧 フィンランド/ フィンエアーでヘルシンキへ!
1年前の同じ月に投稿された記事
冬にオスロを訪れる際のおすすめの服装/ 北欧・ノルウェー

ノルウェー ツアー最安値


2021/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ノルウェー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • オスロ2特派員

    オスロ2特派員
    る。
    2015年よりノルウェーのオスロで生活。オスロ大学にて美術史を専攻中。スウェーデン留学時(2009 - 2010年)にはスウェーデン料理と食文化について学びました。フードアナリスト®。北欧の食やカフェ巡り、美術やアート・デザイン、雑貨に興味津々。生活経験のあるスウェーデンとノルウェーは勿論のこと、デンマーク、フィンランド、アイスランドも含め、北欧に大きな魅力を感じています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集