海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > オタワ特派員ブログ > 世界ナンバーワン空港へようこそ!

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年6月24日

世界ナンバーワン空港へようこそ!


メール プリント もっと見る

世界ナンバーワン空港へようこそ!

こんにちは。今回からオタワ特派員を務めさせて頂く長井美翔です。


多分、オタワを訪れる日本人の方ってあんまりいないと思うのですが
(私自身、カナダに来るまでオタワに関しては無知でした)、
少しでも多くの方に「行ってみたい!」って思ってもらえるようなブログにしていきたいと思うので
よろしくお願いします。

初回は、オタワに来る人はほとんどが利用すると思う、オタワ空港についてお届けします。
オタワ空港の正式名称は
Ottawa Macdonald-Cartier International Airport(オタワ・マクドナルド・カルティエ国際空港)です。
カナダの初代首相ジョン・マクドナルドと政治家のジョルジュ・エティエンヌ・カルティエにちなんで名づけられたそうです。
国際空港と名乗っていますが、成田空港はもとより羽田よりも小さいと思います。
ターミナルも一つしかないので、トロントのような大規模空港は嫌!という方には丁度良いかもしれません。


オタワ空港に降り立つと、まずは税関へ。4つ程カウンターがありますが、時間によっては全部開いていないこともあります。
カナダの税関の方はみんな優しくて世間話のような感じです。
私は大抵、何を持って帰ってきたのか?と聞かれるので洋服とお菓子って答えると大抵笑われます。
多分日本酒とか、化粧品とかそういう答えを期待しているのでしょうか?
税関を通ると、荷物の受け取り場につながっています。
お手洗いは税関のところにあるのですが、税関を通ってからでも簡単に戻ることができるので、
まずは税関を通ってしまうのが良いと思います。
荷物を受け取り、自動ドアをくぐると、Welcome to Ottawa!!! 
残念ながら国際線の到着ゲートは端っこで本当に何もないです。目の前に両替所があるくらい。
でもがっかりするのはまだ早い!!
到着ゲートを右に曲がりまっすぐ進んでいくと、右手に国内線の到着ゲートが見えてきます。
そこに「Ottawa」とかかれてライトアップされた壁がお出迎えしてくれます。せっかくなので記念写真をどうぞ。
またここには「No.1 Airport in the world」の垂れ幕が。なんでも2億から5億人規模のカテゴリーでナンバーワンらしいです。
何を基準にしているのか、全く分かりませんが。

国際線の到着ゲート.JPG

国際線の到着ゲート


国際線のゲートから国内線のゲートへの通路.JPG

国際線のゲートから国内線のゲートへの通路


国内線ゲートのライトアップされた壁.JPG

国内線ゲートのライトアップされた壁


ナンバーワン空港の垂れ幕.JPG

ナンバーワン空港の垂れ幕


そして通路の左手には、カナダのミスタードーナッツ「Tim Horton」があります。
ちょっとお腹が空いた時の強い味方です。
その隣にはお土産や、そしてその隣にAirport Busのカウンターがあります。
そこの隣のドアを開けると、空港の外に出れて、左側にカナダのシンボルの一つでもある、
イヌクシャックの銅像があります。これでちょっとカナダへ来た気分?


イヌクシャック.JPG

イヌクシャック


Ottawaの空港から市内に出るには4つの方法があります。
(1)一番簡単なタクシー。一定料金なので$50位が相場だと思います。


(2)Airport Bus。片道大人1人$16で、二人だと一人当たり$12、3人の場合は$10です。
また往復で買うと往復$25です。予約は不要で毎時25分、55分に空港から出発します。
オタワの主要なホテルに送迎してくれるのでとても便利です。
バスといっても路線バスというより大型のバンといった方がしっくりくるかもしれません。
送迎ホテルのリストなどはhttp://www.yowshuttle.com/index.php で確認できます。


(3)OCtranspoという市バスに乗る方法です。料金は$3.25。
おつりは出ないので細かい小銭が必要です(こんな時に便利なのがTim Horton!ドーナッツでも買って小銭を作りましょう)。
市バスの乗り場は空港を出たところにあるブースです。
空港まで通っているバスは一つしかないので来たバスに乗れば、市内まで30分程度で着きます。


OCtranspoのバス停.JPG

OCtranspoのバス停


乗車したら運賃を払い、乗車券をもらいます。
この紙を持っていないと、たまぁ~に来る保安官に罰金を取られるので忘れずにもらいましょう。
またこの紙に提示されている時間内であれば乗り降り、乗り換え自由です。
降りる場所はRideau Centreというショッピングセンター。
ここはオタワの中心地で徒歩圏内のホテルもいっぱいあります。
もしここからタクシーに乗る場合は一度Rideau Centre(ショッピングモール)の入り口の一階から出る必要があります。
最近新しくなった市バスは、車内に電光掲示板が設置され、そこに次の停車駅が表示されるようになったので、
とても便利になりました。
1年位前までは、そんな日本では当たり前のような物も無かったので、
とりあえず窓に張り付いて、バス停を見逃さないように、
地図と通りの名前とを格闘した経験が何度もあるので、今は本当に有難いです。
市内から空港に行きたい場合は、またこのRideau Centreから97番のAirport行きに乗ればOKです。


(4)レンタカー。空港を出て道を渡ると、駐車場があり、その中にレンタカーの窓口があります。


と、到着関係を書いてきましたが、出発のことも少し。
成田空港と違い、免税店は1つしかありません。タバコ、時計、お酒、香水など置いてありますが、
成田空港の免税店なんかに比べると4分の一くらいです。
食べるところもTim Hortonとカフェくらいなので、しっかり食べてから行きましょう。


また、カナダの空港全部に当てはまることなのですが、カナダではアメリカに行く場合、
アメリカの入国審査をカナダの空港で済ませてしまいます。
ですので、アメリカでの長ぁ~くて全く進まない、あの列をスキップする事ができるのでちょっとVIP気分です。
そしてカナダでのアメリカへの入国審査は待っても30分あれば通過できるので、
アメリカに旅行を考えている方は、カナダへ寄り道してから、っていうのもアリだと思います。


ではオタワ空港についてはこの辺で。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2011年6月24日
»次の記事「カナダ郵政のストライキ」 へ
おすすめ記事
    オタワ特派員 新着記事
    Ottawaに冬がやってきました!
    Shopping Loverにオススメのホテル~The Westin~
    オタワ近郊の洪水
    Good bye, Rideau Canal Skating
    カナダフィギュアスケート選手権 in Ottawa
    OTTAWA 2017!!!
    2016年オープンのレストランベスト10に、あの日本食が・・・
    カナダ生まれのカスタマイズ・ハンバーガー

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • オタワ特派員

      オタワ特派員
      長井 美翔
      カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集