海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > オタワ特派員ブログ > サウザンアイランズ・クルーズ(前編)

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月23日

サウザンアイランズ・クルーズ(前編)


メール プリント もっと見る

サウザンアイランズ・クルーズ(前編)

7月21日はカナダのオンタリオ州で7月の最高気温を更新しました。この日のオタワは湿度もあわせた体感気温は46度とも!!!本当にグダーってするしかない。。。本当にここはカナダ???


というわけで、今回はこんな夏にぴったりのクルーズをご紹介したいと思います。場所はオタワから2時間程ドライブしたところにある1000 Islands。サウザンアイランド・ドレッシングが有名になった場所でもあります。


この1000 Islandsは名前の通り、いくつもの小さな島がカナダとアメリカの国境の境にあるセント・ローレンス河に約80km連なっています。お金持ちの別荘が立ち並ぶ夏の人気スポットです。
クルーズはカナダ側からもアメリカ側からもどちらも出ていますが、私たちは今回、アメリカ側から参加しました。
理由としては、1、途中に立ち寄れるHeart Island(ハートの島)があるのですが、そこがアメリカ領の為、カナダからのクルーズだと、上島する際に入国審査があるということ。
2、アメリカ側からのクルーズだと、その島に滞在する時間が自分で調節できる(一日にシャトル船が何便もあるので、どれに乗って帰ってきても良い)という利点があったからです。


オタワからまず1時間半ほどドライブして、Ogdensbergという国境を越えます。陸路での入国には日本人の場合はUS$6かかります。これ、いちいち面倒なんですが、日本人である以上避けては通れません。(例外は、飛行機でアメリカへ入国した際に記入する、あの白い紙!あの半券があればスルーできます。)オフィサーに「サッカーの試合どう思ったかい?」って聞かれ、何も考えず「めっちゃ最高だった☆」と上機嫌で答えてから、しまった。。。。彼はアメリカ人だと気づく自分。 オフィサーは笑って「僕は女子サッカーとか興味ないから別に良いけどね。」と言われ一安心。これで彼の機嫌を損ねたら入国拒否だったかも?!
そしてそこからドライブすること30分、Alexandria Bayに到着です。小さい港町でお土産やさんやレストラン、アイスクリーム屋が並ぶ通りもあります。今回はここから出るUncle Sam Boat Tour(サムおじさんのボートツアー)に参加します。


サムおじさんの凄いところは、ツアーが何個もあり、一日に何本も出航していること。そして安い!そしてどのツアーも最後にHeart Islandに立ち寄り、上島できます。そしてサンおじさんの船、どれでもに乗って帰ってこれます。
私達はSinger CastleツアーというDark Islandにあるお城に行くツアーに参加しようと思っていたのですが、券を買うために並んでいたら、常連らしきおじさんに、「そのツアーだと、お金持ちの別荘とか見れないし、そこが一番面白いんだよ!!」とTwo-Nation(国境を越えてカナダ側とアメリカ側を航海するルート)を薦められました。値段もこっちはUS$18.50と約半額だったのでこっちをチョイスしました。所要時間はおよそ2時間15分。船の中には軽いスナックなんかも売っています。船は2階席と甲板席があり、自由席です。結構風が強いので羽織るものがあると重宝します。


10時に船は出港!Heart Islandは目の前ですがこれは最後までおあずけ。まずはアメリカ側の島々を巡ります。
CIMG5928.JPG


その後国境を越えるのですが、別に何の目印もあるわけではなく。。。一番の目印はカナダ側に来ると、あのトーテムポールが飾ってある別荘なんかもあったり。さすが愛国心にはどこにも負けないカナダです。
totem.JPG

馬を掲げている別荘もあります。スタンピードか何かで優勝したんでしょうか?
馬.JPG

中には売り出し中の物件もちらほら。。。$1millionあたり(一億円!!!)が普通サイズのお値段らしいです。でもここに物件を構えるとなると、ボートなんかの水上手段が必要なので、ざっと計算しても2億円位は必要ですかね?こちらの船は約1億ぐらいするそうです。
高価なボート.JPG

1000 islandsの中で一番とも言われている豪邸。
大豪邸.JPG


こんな大富豪、一体何をしているのかというと、スイスシャレーというカナダのチキンを専門にしたレストランの社長だったりとか、中にはなんと!!!ワンバック.JPGあのアメリカ女子サッカーのワンバック選手の家族の別荘までありました!!!ど真ん中に浮かぶ緑の別荘です。クルーズ中は唯一の日本人だったので肩身が狭かったです(苦笑)

そんな中にも家主が亡くなってしまい維持できずにこのように潰れてしまう別荘も。本当にグシャッと巨人か何かに踏まれたみたいに陥没してます。
陥没.JPG


クルーズの折り返し地点。カナダとアメリカを結ぶ橋です。
橋.JPG
なんでも、毎年毎年、ちみちみと色塗りを繰り返しているので、一箇所終わると、別の所がはげてきて、全く同じ色にならないそうです。そんなところも超適当なカナダ人らしい(笑)


日本が亀の日向ぼっこなら、こっちは水鳥!鴨かな??
鳥.JPG


海ではないので、塩でベトベトする事はなく、とても気持ちよかったです。途中で行きかうジェットスキーなんかを見ていると本当に羨ましくなりますが、このクルーズも抜群に心地良かったです。
後編はいよいよHeart Islandに上陸します。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年7月23日
« 前の記事「ミニゴルフで気分転換」へ
»次の記事「サウザンアイランズ・クルーズ(後編①)」 へ
おすすめ記事
    オタワ特派員 新着記事
    オタワ近郊の洪水
    Good bye, Rideau Canal Skating
    カナダフィギュアスケート選手権 in Ottawa
    OTTAWA 2017!!!
    2016年オープンのレストランベスト10に、あの日本食が・・・
    カナダ生まれのカスタマイズ・ハンバーガー
    美味しいビールにドイツ料理とスポーツ観戦のトリプル・セット
    100年以上も続くカナダのチョコレート専門店

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • オタワ特派員

      オタワ特派員
      長井 美翔
      カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集