海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > オタワ特派員ブログ > サウザンアイランズ・クルーズ(後編①)

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月23日

サウザンアイランズ・クルーズ(後編①)


メール プリント もっと見る

サウザンアイランズ・クルーズ(後編①)

ガイドのお兄さんから、Heart Island下船についての連絡がありました。ここで下船するのは自由で、約30分毎にくるサムおじさんの船にならどれに乗っても港に帰れるよ、ということです。チケットも何もいりません。(アメリカ側からのクルーズがここしかない為)


Heart IslandはBoldt城がそびえる島です。このお城はGeorge Boldtというニューヨークでのホテル産業で大成功を納めたペルーシア人によって建てられました。そのホテルはWaldorf-Astoriaというホテルで現在エンパイアーステイト・ビルディングがあるところに建設されていました。今現在は移転され、ヒルトンの最上級ブランドとされています。また彼がルームサービスというものを発案したとも言われています。このBoldt城はGeorgeさんの愛する妻の為に建てたと言われてますが、彼女が1904年に急死したのをうけ、彼はすっかり意気消沈してしまい、建設が途中で止められてしまいました。幾度と重なる厳しい冬と、誰でも船があれば訪れることが出来たため、見るも無惨な形へと破壊されてしまいました。現在は1000 islandsの公共事業機関に買い取られ15億もの費用を費やして、一般公開出来るまでに修復されました。今でも修復が進められているので、城の中もすぐ隣では工事が行われていたり、壁にいろいろな落書きがされていたりします。何処の国でもこうやって壁に自分の名前を書いたりするのは一緒です(笑)

入城料はUS$7です。島の外観です。
島の外観.JPG
上陸してすぐに見えるお城の一部です。
城.JPG


中はフランスでお城巡りをしたことがある方は簡単に想像できると思いますが、とりあえずいろんな部屋でぎっしりです。
玄関.JPG

ビリヤードの為の部屋!
ビリヤード.JPG

ダイニングルーム。当時の食器なども飾られています。
ダイニングルーム.JPG

こんな窓に囲まれた景色抜群の部屋で一度で良いから寝てみたい!!!
寝室.JPG

ハートが様々な所に施されています。これは天窓です。
天窓.JPG


中にはおみやげ屋さんもあります。城の外にはベンチやピクニックテーブルがあるのでらお弁当を広げるのにピッタリです。クルーズが10時出航だったので、丁度良くお昼ご飯の時間にHeart Islandに着きます。私たちはサンドイッチを持ってきたのでここでお昼休憩。
お昼.JPG
ベンチの目の前の風景です。ボートが何度も行き来しました。羨ましい!!!そして左奥に見えるオレンジの建物、そこがサムおじさんの船の出る港です。泳いでも来れる距離?

tower.JPG
修復が進められているAlster Tower(Play House)Georgeさんの子供が泊まったりしたそうです。

蛇口.JPG
こういう蛇口?って何処でもあるんですね。

パワー.JPG
やはりこういった島での生活は自給自足が肝心、ということでここにはガソリンやディーゼルなどを保管する倉庫として建てられたそうです。倉庫なのに豪華すぎ!


Heart Islandの向かい側にはヨットハウスと言って、ボートなどを泊めておく倉庫があります。ここにはシャトル船に乗って(別料金US$4又は城とそセット券US$9)アクセス出来ます。私たちは時間の関係で立ち寄りませんでした。
ヨットハウス.JPG


その後、タイミング良く来たサムおじさんの船に乗って帰港。駐車場はクルーズ利用者には無料なので、ちょっと港町を散策しました。
アイスクリーム屋さんでは、30種類くらいあるフレーバーソフトクリームをオーダー。私は杏が大好きなのでそれにしたら、お店の人にも彼にも「数ある中からよりによってアプリコットぉ???」「初めて作った!!!」と非難ゴーゴー。そこまで杏っぽい味はしませんでしたがほのかにオレンジ色で美味しかったです。


本当はこの後、展望台に寄って帰ろうと思っていたのですが、Kingstonという市が30分くらいで行ける事が分かったので、ちょっと寄り道して行こうと思います。今回、このクルーズに行くか、Kingstonに行くか迷った位なので、両方味わっちゃいましょう!という欲張りな私たち。では後半②に続きます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年7月23日
« 前の記事「サウザンアイランズ・クルーズ(前編)」へ
»次の記事「サウザンアイランズ・クルーズ(後編②)」 へ
おすすめ記事
    オタワ特派員 新着記事
    Ottawaに冬がやってきました!
    Shopping Loverにオススメのホテル~The Westin~
    オタワ近郊の洪水
    Good bye, Rideau Canal Skating
    カナダフィギュアスケート選手権 in Ottawa
    OTTAWA 2017!!!
    2016年オープンのレストランベスト10に、あの日本食が・・・
    カナダ生まれのカスタマイズ・ハンバーガー

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • オタワ特派員

      オタワ特派員
      長井 美翔
      カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集