海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > オタワ特派員ブログ > Cirque du Soleil「キダムが来ます!...

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月 6日

Cirque du Soleil「キダムが来ます!」


メール プリント もっと見る

Cirque du Soleil「キダムが来ます!」

東京ディズニーリゾート隣接のシルクドゥソレイユZEDが今年12月31日をもって閉演するそうです。
私は2年ほど前にオーランドのディズニーリゾートで見たのをきっかけに、すっかりはまってしまいました。今年中に帰国する予定は無いので、ZEDが見れないのはすごく残念。。。
ですがこの前オタワにも演目は違いますがシルクドゥソレイユがやってきたので見てきました。演目はQuidamです。日本でもモーニング娘。が「キダムが来ます!」っていうCMでやってましたよね。
book.JPG
このCirque du Soleil、実はカナダのモントリオールが本部なんです。訓練なんかも全部モントリオールで行われるみたいです。


そして今回更に嬉しいことに、ダウンタウンのバーでキャストのパーティーが行われるということで行ってきました。

場所はBarrymore's Musichallです。初めて行ったのですが、ステージと客席があってバーじゃないみたい!チケットは$20。友達の情報によると、サーカス団の研修生達が日頃の成果を発表しあったり、新しい技を披露したりするとのこと。


最初の演目はポールダンス!今回のテーマが「バーレスク」とストリップショー的な感じだったのでみんなすごくセクシー!!!

そして次の演目はちょっと気持ち悪い。。。男の人が超強力磁石とフォークを持って出てきます。何が始まるのかと思ったら、フォークを鼻に突き差し始めました!!!!
フォーク.JPG
本当にすっぽりはまってます。。。


そして観客が一人選ばれ、あの強力磁石を徐々にフォークに近づけていきます。
磁石とフォーク.JPG
どうなるかというと、そのままスポっとフォークが鼻から抜けて磁石にダイブ!!!いやぁお見事というか、まずフォークを入れてみようと思った彼に拍手です。


他にもバーレスクらしく、女装した男性のダンスや、セクシーなダンスが続きます。
女装.JPG
ダンス.JPG
ヴァイオリン.JPG


ウクライナ人(Andriy Bondarenko)の演技。すごく小柄で少年みたいでした。手だけで体を支え、さらに柔軟。本当にハラハラします。
ハンドバランス.JPG
ハンドバランス2.JPG
ハンドバランス3.JPG


極めつけは、ジャグリング。お手玉の進化系なんですが、大きさの違うビンを使ったり、さらに頭にのせてバランス取ったり。そしてそのまままたジャグリングするからスゴイ!!!近距離だったので汗とか血管とかが鮮明に見えて、ハラハラ感倍増!!!
お手玉1.JPG
ジャグリング2.JPG

カクテルグラスに飲み物を注ぎます。そしてそれをおでこにのっけたままジャグリング!それも足の下を通したり、シャツやズボンを脱いでいったり。。。
カクテルグラス.JPG


これで$20は安すぎる!!ってぐらい迫力満点の演技でした。舞台との距離も本当1メートルあるかないかって位でした。こういったスタッフパーティーは全世界どこにでもあるのかは分かりませんが、もしあなたの国に町にCirque du Soleilが来る時は必見です!!!
私たちはこの次の日に、本当のCirque du Soleilを見に行きました。このサーカス団の凄い所は、サーカスがストーリー仕立てになっていて、映画かミュージカルを見ている感じです。観客を途中で巻き込んだり、子供でも飽きないようになっています。そして円形ステージなのでどこから見ても、迫力満点!そしてとにかく演技が素晴らしい!
stage.JPG
この天井から空中ブランコや、縄、フラフープなどが出てきます。


ちなみにスタッフパーティーでの司会の人は、ヴォーカリスト(Jamieson Lindenburg)と、進行役(Voki Kalfayan)。
スプーンを鼻に入れちゃった人(D.J. Garner)は大縄飛びとスパニッシュウェブという天井から垂れている縄を使った演技。
女装していたMark Wardはストーリーの重要な人物"John"を。
ウクライナ人の少年は大縄飛びと、ステージをいっぱに使ったBanquin(バンキン)という組み体操、柔軟体操なんかを混ぜ合わせた演技。
ジャグリングの人(Patrick McGuire)はキャラクターを演じていました。彼らの違った一面を見ることが出来て光栄!パンフレットによると、日によってはジャグリングも披露するみたいです。
日本人(Norihisa Taguchi)も一人出演していて、縄跳びのソロを披露していました。はやぶさの凄いバージョンとかもう縄が何回まわっているのか????
私が一番衝撃を受けたのがAerial Hoopsという空中でのフラフープを使った演技。一つのフープに3人で絡みついたり、本当に骨がないみたい!!!


10月にはマイケル・ジャクソンの曲を使った新しいツアーがOttawaに来ます。秋に旅行を考えてる方は是非!!!そして日本にいる皆さん、ZEDが終了してしまう前に是非Cirque du Soleilの世界を味わってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2011年8月 6日
« 前の記事「サウザンアイランズ・クルーズ(後編②)」へ
»次の記事「長距離バス(グレイハウンド)」 へ
おすすめ記事
    オタワ特派員 新着記事
    オタワ近郊の洪水
    Good bye, Rideau Canal Skating
    カナダフィギュアスケート選手権 in Ottawa
    OTTAWA 2017!!!
    2016年オープンのレストランベスト10に、あの日本食が・・・
    カナダ生まれのカスタマイズ・ハンバーガー
    美味しいビールにドイツ料理とスポーツ観戦のトリプル・セット
    100年以上も続くカナダのチョコレート専門店

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • オタワ特派員

      オタワ特派員
      長井 美翔
      カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集