海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > オタワ特派員ブログ > Doors Open Ottawa 後半

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年6月 9日

Doors Open Ottawa 後半


メール プリント もっと見る

Doors Open Ottawa 後半

会議所(オタワ・ユニオン駅)を後にし、ツアーに参加するためFaimont Chateau Laurierへ。
このホテル、今年で100周年を迎えたとお伝えしましたが、何かと一緒だと思いませんか?
そうです、あのタイタニック号の処女航海を迎えた年と同じなんです。
そしてこのホテル、このタイタニック号と深いかかわりがあります。


このChateau LaurierはGrand Trunk Systemというカナダのケベック州とオンタリオ州、そしてアメリカの州をつなぐ鉄道ライン(本社はイギリスのロンドン)の社長であったCharles Melville Hays によって創立されました。
駅とホテルを地下でつなげるという発想をしたのもこの方です。
そんな中、莫大なお金をこのユニオン駅とホテルを投資したHaysには批判の声が頻繁に浴びさせられました。そんな葛藤を避けるかのようにHaysは一家でイギリスに渡りました。そしてホテルのグランド・オープンの為にカナダに戻ろうとした時に、タイタニックで戻らないか?という誘いを受けたのです。
Haysはそのまま帰らぬ人となりホテルのグランド・オープンを見届けることはできませんでした。そのため、4月26日にオープン予定だったChateau Laurierは1912年の6月12日にオープン日をずらしました。

CIMG7115.JPG
左がHays、右側がタイタニック号です。


CIMG7117.JPG
ホテルにあるプール。ホテル利用者は無料ですが、ビジターは$20で利用する事が出来ます。


ちょっと歴史に詳しくなったところで、次の場所へ、リドー運河沿いにある、「Bytown Museum 」へ。
この博物館は昔、リドー運河の閘門を建設する時に使われていた物置だったもの。
IMG_1868.JPG
普段は入場料がかかりますが、Doors Open開催期間は無料で入ることが出来ます。
外見の感じではは小さいですが、中にはビデオ上映があったり見どころたくさん!


IMG_1866.JPG
閘門の模型。リドー運河の閘門は今も使われているので、実際の様子を見ることが出来ますが、タイミングが合わないと見れません。私は残念ながら一度も見たことがないので、この模型は構造を理解するのに良かったです。


またカナダの建国の父とも呼ばれるThomas D'Arcy McGee の遺品なども展示されています。彼は頭を銃殺されてしまったので、顔が綺麗に残りませんでした。また彼は優れたジャーナリストでもあったので、顔の銅像ではなく、手の像が作られました。
IMG_1864.JPG

IMG_1865.JPG
こんな工具までメープルにしてしまうとは、さすが愛国心にあふれるカナダ人です。


本当はもう1箇所行きたかったのですが、4時までだったのでここまで。
普段立ち寄れない場所を見学出来るのって、なんだか小学校の社会科見学なんかを思い出します。でも毎日通勤途中に通り過ぎる建物の中に入ることが出来たりして楽しかったです。新しいottawaを見れた感じがします。
このDoors Open Ottawaは毎年行われているので、今年逃してしまった方は来年是非!!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2012年6月 9日
« 前の記事「Doors Open Ottawa 前半」へ
»次の記事「女の子のバスタイム好きは世界共通?!」 へ
おすすめ記事
    オタワ特派員 新着記事
    Ottawaに冬がやってきました!
    Shopping Loverにオススメのホテル~The Westin~
    オタワ近郊の洪水
    Good bye, Rideau Canal Skating
    カナダフィギュアスケート選手権 in Ottawa
    OTTAWA 2017!!!
    2016年オープンのレストランベスト10に、あの日本食が・・・
    カナダ生まれのカスタマイズ・ハンバーガー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カナダ郵政のストライキ
    世界ナンバーワン空港へようこそ!

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • オタワ特派員

      オタワ特派員
      長井 美翔
      カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集