海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > オタワ特派員ブログ > 機内持ち込み荷物だけで旅行してみる。

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月27日

機内持ち込み荷物だけで旅行してみる。


メール プリント もっと見る

機内持ち込み荷物だけで旅行してみる。

クリスマスまであと1ヵ月を切りましたね♪
年末年始の帰省や旅行を考えている人も多いのでは?


さて、そんなカナダ。最近、国内でのシェア率1位&2位を独占するエア・カナダウエスト・ジェット(こちらは国内メインの会社)が無料受託手荷物を辞める、という改変がありました。
どちらも国内線のみそして一番安いクラスのチケットへの適用なのでエア・カナダ利用で日本から来る場合は大丈夫なのですが、もしカナダ国内で飛行機を使って旅行をしようと考えている場合は注意が必要です。


私はこんな中、視察旅行が入りまして...。一番安いチケットだった為、受託手荷物は有料(片道$25)。たった2泊の為に$50も払うのはもったいないな、と思い機内持ち込みだけで行く事にしました。又、機内持ち込みだけにすると、荷物が出てくのを待たなくて良いっていうのも励みになりました(笑)


ただ機内持ち込みで一番問題なのが液体類の持ち込み。特に女の子は使いなれている化粧品やスキンケア品を持っていきたいですよね。
そこで考えたのがこちら↓

IMG_4325.JPG

クリーム系の持ち込みにコンタクトレンズのケースを活用してみました。
サイズ的にも2~3泊分にピッタリだし、片側ずつ違う種類のクリームを入れられるのも便利な所。
旅の終わりにはそのまま捨ててきちゃっても惜しくない量なので、万が一忘れてきちゃっても諦めがつきますよね。


ちなみにオタワの空港では、液体を入れた容器用のジップロックが無料で置いてあります。お土産にはならないかもしれませんが、印刷されている文が英語とフランス語のダブル表記だったりと話のネタに1枚あると良いかもしれません。

スマートに荷造りして快適な旅行を楽しみましょう♪

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2014年11月27日
« 前の記事「オタワでの悲しいニュース」へ
»次の記事「変わり種?!クリスマス・ツリー」 へ
おすすめ記事
    オタワ特派員 新着記事
    オタワ近郊の洪水
    Good bye, Rideau Canal Skating
    カナダフィギュアスケート選手権 in Ottawa
    OTTAWA 2017!!!
    2016年オープンのレストランベスト10に、あの日本食が・・・
    カナダ生まれのカスタマイズ・ハンバーガー
    美味しいビールにドイツ料理とスポーツ観戦のトリプル・セット
    100年以上も続くカナダのチョコレート専門店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今季初の吹雪~
    みんな大好き、プティーン!

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • オタワ特派員

      オタワ特派員
      長井 美翔
      カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集