海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > パムッカレ特派員ブログ > パムッカレ観光に行ってきました

トルコ/パムッカレ特派員ブログ 駒場 彩

トルコ・パムッカレ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月13日

パムッカレ観光に行ってきました


パムッカレ観光に行ってきました

皆様メルハバ~!


毎日暑い日々か続くパムッカレです。
昼間は暑いですが、湿気は少ないので日陰に入ればとても涼しいです。


さて、先日久しぶりにパムッカレの中に入ってきましたので、その様子をお伝え致します。
パムッカレ入場料はまた今年も上がり35TLに。。。約1300円。 2016年6月現在


パムッカレは3つの入口がありますが、今回は中央口から。
ツアーなどでは、パムッカレの棚田上部に位置する南口が使われます。


さて、入口を入るとまるで、雪山にいるかのような錯覚におちいりますます。
2979.jpg
青空と白のコントラストが美しいですね。
みんな思い思いのポーズで写真撮影をしています。
2982.jpg
上から温泉水が流れ出ており、上部に行く程暖かくなってきます。
水が貯まっている棚田では足湯をしたり、温泉に浸かったり、泥パックをしたりして楽しめます。
2987.jpg
この通路になっている棚田以外は立入禁止になってますので、ここで目一杯楽しみましょう。


パムッカレを楽しんだ後はアンティークプールへ。
こちらはその名の通り、遺跡が下に沈んでいるプール。
2989.jpg
見学だけですと無料ですが、泳ぐ際は32TL別途かかります。
下からは温泉が湧き出ています。
2990.jpg
温度は38度と若干温めで、温泉水はミネラルを含み、飲んでも大丈夫です。
ロシアではこのプールをクレヲパトラプールと呼び、この水を飲むと綺麗になれると言われており、ペットボトルに何本を、水を汲むロシア人の姿をよく見かけます。
実際口に含むと、生暖かくて、少し匂いがあるので私は好んでは飲みませんが。。。


アンティークプールの周りにはレストランやカフェがあるので、疲れたら一休みもで来ます。


遺跡が沈むプール。日本では考えられないですよね。
日本では絶対に入れないので、ぜひパムッカレに来られた際は体験してみて下さいね。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年6月13日
« 前の記事「地下パムッカレ」へ
»次の記事「パムッカレの青空市場でお買い物」 へ
パムッカレ特派員 新着記事
東京でトルコ料理を食べるなら
治安速報
トルコ共和国記念日
トルコの絶景、秘密のビーチ
トルコ人に欠かせないチャイとは
トルコの離乳食事情
サンライズアヤホテル 冬季休業のお知らせ
秋の訪れ

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • パムッカレ特派員

    パムッカレ特派員
    駒場 彩
    トルコ共和国 デニズリ パムッカレ村在住。 大学卒業後、夢だった海外暮らしをする為に1年間オーストラリアでワーキングホリデーをする。 帰国後旅行会社に就職。その後新たな夢だった世界一周旅行を叶える為に会社を4ヶ月求職。 世界一周旅行中に現在の旦那と知り合い、あっという間にトルコに嫁ぐ事に。 現在はパムッカレにてトルコ人の旦那とペンションを経営中。女将、そして二人の子供を育てながら日々奮闘する毎日。 DISQUS ID @disqus_fnTY29L0gw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集