海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > パムッカレ特派員ブログ > ケバブの王様?イスケンデルケバブ

トルコ/パムッカレ特派員ブログ 駒場 彩

トルコ・パムッカレ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月27日

ケバブの王様?イスケンデルケバブ


ケバブの王様?イスケンデルケバブ

皆様メルハバ~!


早くも夏が終わりに近づいてますね。
こちらパムッカレも朝晩はだいぶ涼しくなりました。
昼間はまだまだ暑いですが。


さて、皆様ケバブときいて何を思い浮かべるでしょうか??
お肉の塊が回転しながら焼かれ、それを薄くスライスし、野菜と共にパンに挟むのを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?


実はケバブというのは、肉や野菜を焼いて調理したものの総称で、ケバブ料理は山ほどあるのです。
本日はそのケバブ料理のひとつ、イスケンデルケバブをご紹介します。


このイスケンデルケバブはトルコ語ではアレキサンダーケバブなんです。
しかし、かの有名なアレキサンダー大王にちなんでではなく、ブルサというトルコの都市でこのケバブを初めに作った人の名前からとったケバブなんです。


こちらのケバブ、ピデとよばれるパンの上に薄切りのドネルケバブを並べ、その上にトマトソース、横にはヨーグルトが添えられ、さらにテーブルの上で熱っ熱の溶かしバターをお玉いっぱいかけてもらいます。
028.jpg

030.jpg


こちらは断面図。

029.jpg


このお鍋いっぱいに溶かしバターが入っています。

もうみるからに高カロリーなんですが、溶かしバターをかけたパンとお肉はかなりジューシー、そこにサッパリしたヨーグルトが加わり、さらにトマトソースがあることでジューシーでまろやかなんだけど、コテコテしすぎず、病み付きになる美味しさです。


実際、食べた後はかなり満腹になり、下手すると日本人は胃もたれしそうですが。。。


皆様もトルコにいらした際は、このケバブの王様?イスケンデルケバブを試してみて下さいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年8月27日
« 前の記事「トルコ流 誕生日の祝い方」へ
»次の記事「トルコビール 私的ランキング」 へ
パムッカレ特派員 新着記事
東京でトルコ料理を食べるなら
治安速報
トルコ共和国記念日
トルコの絶景、秘密のビーチ
トルコ人に欠かせないチャイとは
トルコの離乳食事情
サンライズアヤホテル 冬季休業のお知らせ
秋の訪れ

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • パムッカレ特派員

    パムッカレ特派員
    駒場 彩
    トルコ共和国 デニズリ パムッカレ村在住。 大学卒業後、夢だった海外暮らしをする為に1年間オーストラリアでワーキングホリデーをする。 帰国後旅行会社に就職。その後新たな夢だった世界一周旅行を叶える為に会社を4ヶ月求職。 世界一周旅行中に現在の旦那と知り合い、あっという間にトルコに嫁ぐ事に。 現在はパムッカレにてトルコ人の旦那とペンションを経営中。女将、そして二人の子供を育てながら日々奮闘する毎日。 DISQUS ID @disqus_fnTY29L0gw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集