海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > パムッカレ2特派員ブログ > パムッカレ周辺の見所~其の2~もう一つのパムッカレ...

トルコ/パムッカレ2特派員ブログ 小橋 映子

トルコ・パムッカレ2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月21日

パムッカレ周辺の見所~其の2~もう一つのパムッカレ!


メール プリント もっと見る

パムッカレ周辺の見所~其の2~もう一つのパムッカレ!

皆様、こんにちは!
毎日暑い日が続いていますが、如何お過ごしでしょうか?

今回は、もう一つのパムッカレをご紹介致します。
パムッカレからおよそ40分程の所にある"Kaklık"(カカルク)という町があります。
大理石の採掘場がある小さな町なのですが、この町にもう一つのパムッカレがあり、 "Kaklık Mağarası"(カカルク洞窟)と呼ばれています。
この町は、パムッカレからデニズリ・チャルダック空港への道の途中にあり、途中の信号を左折して大理石の採掘場の方へどんどん進みます。
すると、入り口はここ?という感じで何もないですが、門があり、門番の人がいます。
入場料は現在3リラです。

kakalik1.JPG

階段をどんどん下りて行きましょう。
この洞窟は地下にあり、天然の温泉が湧き出ているので、蒸気を温泉の匂いが立ち込めています。
デニズリ周辺は温泉が湧き出る地域、というのが改めて実感できます。

kakalik2.jpg

kakalik3.jpg

カカルク洞窟にはかなりの水量があり、訪れる人達を驚かせています!
水温は何度かわからないのですが、温かい蒸気が立ち込めているので、憶測ではありますが、おそらく30度はあるのではないでしょうか。。

階段を下りて地下に到着。
なんと、地下にできた石灰棚があるのです!

kakalik4.jpg

パムッカレより規模は小さいですが、とても綺麗な場所です。
石灰棚も真っ白く、水も綺麗です。

カカルク洞窟内には通路があるので、石灰棚を一周できますよ。
ただし、通路は濡れている場所もあるので滑らないように足元にご注意くださいね。

kakalik5.jpg

ここ、カカルク洞窟への行き方ですが、公共交通機関を利用する場合は、デニズリのオトガルからカカルク行きのドルムシュ(乗り合いバス)に乗って行けますが、おそらくカカルクの町で下車後、何キロか歩かなければならないと思います。
私は公共交通機関を利用して行ったことがないのですが、かなり不便らしいです。。

時間とお金と労力を考えると、タクシーか旅行会社で車を手配してもらった方が効率的です。
タクシーだとおそらく150リラくらいします。
旅行会社で手配してもらう場合は、カカルク洞窟とラオディキア遺跡の周遊で組んでもらえることが多いですよ。

カカルク洞窟は地下にありますが、屋外です。
夕方や夜に観光するのは危ないので、昼間にお出かけになって下さい。
小さい洞窟なので30分もあればぐるっと一周することができますので、空港へ行かれる方が途中に寄って観光する事もできます。

ヒエラポリスとパムッカレはもう観光したし、今日は何をしようかな~という時間のある方には是非お勧めのコースです。

次回もパムッカレ周辺の見所をレポートしたいと思います。
まだまだいろんなお勧めの場所がありますよ~!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年8月21日
« 前の記事「パムッカレ周辺のおススメ~其の1~」へ
»次の記事「パムッカレ周辺の見所~其の3~」 へ
おすすめ記事
    パムッカレ2特派員 新着記事
    トルコのお土産~食べ物編~
    トルコのお土産~雑貨編~
    トルコのお土産~雑貨編~
    パムッカレで気球体験!
    パムッカレ周辺の大雪!
    パムッカレのアジアンキッチン!
    パムッカレのホテル~其の1~
    パムッカレでアクティビティ~其の1~

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • パムッカレ2特派員

      パムッカレ2特派員
      小橋 映子
      2011年よりトルコのパムッカレに住んでいます。夫の経営する旅行会社で旅行業に携わり、旅行者の皆様が安心して快適に旅行できるように、日本語、英語、スペイン語とトルコ語などで旅行のプランニングやツアーの手配、通訳などのサポートなどを行っています。国内を旅行したり料理や文化を学んだりしてトルコ生活も存分に楽しんでいます。トルコの魅力を沢山お伝えしたいです。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集