海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > パナイ島特派員ブログ > 夏ワーク報告:スモーキーマウンテン

フィリピン/パナイ島特派員ブログ 学生NGO ALPHA

フィリピン・パナイ島特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月 7日

夏ワーク報告:スモーキーマウンテン


メール プリント もっと見る

夏ワーク報告:スモーキーマウンテン

現地フィリピンへと足を運び、東京では出会えない、自然に満ちた村で、子どもたちと触れ合い、小学校教室の建設に汗を流す。一緒に授業をしたり、少しでも時間があれば、また子どもと遊ぶ。ホームステイ先では家族との団欒を楽しみ、また次の朝を迎える。思い返すと、これらの思い出は、私に、「あぁ、フィリピンはいいところだった。」と言わしめる。
しかし、我々は、確実に、自分たちの力ではどうしようもないと分かりつつも、それをすっかり無かったことにしてフィリピンを語ることはできない光景を目の当たりにした。
ごみの山、スモーキー・マウンテンである。

7FF49EDB-64BB-4420-865E-8F27D6E5F837.jpg

スモーキー・マウンテンと言う名前は、見上げるほど積み上がったごみの山の中、ごみ同士が化学反応し、自然発火を起こして出る煙から来た名前だそう。
正直、私はフィリピンに行くことが決まるまで、つまり、この団体に入るまで、フィリピンでごみ明代が社会問題になっていることは全く知らなかった。実際にごみの埋め立て地に近づくにつれ、鼻を突くような異臭がする。私は、マスクや、鼻を覆うタオルを持ってこなかったことを後悔した。聞こえは悪かったかもしれないが、これが現実だった。ハエがたかった果物の食べかす、靴、色んな色のビニール、分かるのはそれくらいで、ごみ山の上の方は、いったい何が捨てられているのかもわからない。そんな中を、幼い子供たちが歩き、山の上をクレーン車が行く。

01B68CD2-2359-4F91-9943-2D665B22C144.jpg
95B7FADF-1B48-4D95-AF00-5834AE44072F.jpg

日本ではまず見ない光景。なぜこのようにごみの山ができてしまったのか。フィリピンでは、そもそも、大気汚染防止の観点から、ごみの焼却処分は一定の排気ガスの基準を満たす場合以外は禁止されている。ごみを燃やすことで発生するとされる有害なガスなどは、高温処理することで、その量を軽減できるとされているが、その設備、施設を整えるにはかなりの費用が掛かる。だから焼却処分への転換を見合わせている東南アジアの国は少なくないのだ。
しかし理由はこれだけではない。このスモーキー・マウンテンと呼ばれるごみの埋め立て処理場には「ウェイスト・ピッカー」と呼ばれる人たちがいる。彼らは、このごみの中からまだ使えるものを取り出して、売ったり、リサイクルをしたりして、生計を立てている。もはやこれは職業の一つとなっており、その数は我々が訪れた地域では減少傾向にあるとのことだったが、依然として多くの人がこれを収入源としている。

E2B93E54-5A07-4201-8C64-8F9CAAC59FC5.jpg

このように、フィリピンのごみ問題は、制度上の問題だけでなく、雇用といった社会システムとも深くかかわった重要間問題となっている。
少し難しい話になったが、私が実際にこれを知って痛感したのは、我々にどうこうできる問題ではないのだということである。我々にはこの問題を改善する力はもちろん、案もない。できるのは、見て、聞いて、知ることだけである。こう思うと、毎度、国際協力の意義に疑問を感じる。私事ではあるが、自身もボランティアの類には疑問があった。だからこそこの団体に入ったのだが、やはり、私はこの問題に頭悩ますことをやめられないし、できもしないのに、何とかせねばと思わずにはいられない。ボランティアとはこうなのかもしれない。できることは、変革と呼べないようなちっぽけなことで、大半は、現実を知って、見て、考える事しかできない。その現実は知らない方が幸せで、楽なものかもしれない。でも我々は知りたいのだ。知らずに生きるより、無力を痛感しても考えていたいのだろう。
この記事も皆さんに一握り情報を知らせる以上のことはできない。しかし、少しでも何かを伝え、異国の問題について、一時でも考えていただくことを願うばかりである。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2016年12月 7日
« 前の記事「夏ワーク報告:コナロム運動会」へ
»次の記事「☆フィリピン・パナイ島・おいしいごはん!☆」 へ
おすすめ記事
    パナイ島特派員 新着記事
    ウキウキ!ワークショップ授業
    ネクストプグハナンはどこだ???
    フィリピンの子どもに絵本の読み聞かせ
    白熱のプグハナン運動会!!!
    フィリピンに小学校教室?1つ建てましたよっ!
    フィリピンでホームステイ:懐かしい村と家族
    フィリピンでホームステイ:星の中で
    フィリピン・パナイ島ランブナオの見どころ観光地♪

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パナイ島特派員

      パナイ島特派員
      学生NGO ALPHA
      2009年設立の学生NGO。東京・吉祥寺を拠点にフィリピン共和国パナイ島への教育支援活動を行っています。都内の大学生と代表理事により構成されています。春・夏の年に2回、2週間メンバーが支援地に渡航し、小学校の建設活動とオリジナルのワークショップ授業を行います。 “Everybody Smile!” をモットーに、支援先の子どもたち、村の人々、団体メンバーの全員が笑顔になれるような活動を目指しています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集