海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 仏語で読もう『窓ぎわのトットちゃん』

フランス/パリ特派員ブログ 旧特派員 江草 由香

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年10月12日

仏語で読もう『窓ぎわのトットちゃん』


仏語で読もう『窓ぎわのトットちゃん』

totto-chan.jpg
フランスはこの週末、13〜15日が読書祭りLire en Fête となり、全国各地の図書館、本屋、公共ホールなどで読書会、朗読会、作家による講演会などが催される。

 パリ留学1年目、語学学校に通っていた時に先生が「フランス語力上達のためにはなるべく本を読むように。その際に分からない単語があっても、いちいち辞書を引かないように、それをしていると、読書の楽しみが薄らいでしまうので」と言った。確かにあまり語彙力がないうちに難しい本に挑戦すると、本を読み進める時間より、辞書を引く時間の方が長くなり、嫌気がさしてくる。それで先生は子ども向けの簡単な本を選ぶか、もしくは翻訳をすでに読んでいて、内容を知っているものがいい、とアドバイスしてくれた。そういう意味では読んだことのある日本の作品の仏訳を読むのもまた、勉強になるはず。

ということで、お勧めの一冊は今年の春にフランスで刊行された”Totto-chan La petite fille à la fenêtre”、そう、日本で大ベストセラーとなった黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』の仏訳本だ。帯によると日本では800万部売れて(そんなに売れたんだ!)、世界33カ国で翻訳されているという。この本なら読んだ人も多いだろうし、フランス語訳も上手で、すらすらと読みやすい。また、この日本語はこう仏訳するのか、なんてことも分かって面白い。ちんどん屋をmusicien de rueストリートミュージシャンと訳していたりするのは??と思えるが、この訳者はきちんと欄外でchindon’yaの説明をしている。
Presses de la renaissance刊 20euros

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2006年10月12日
« 前の記事「夜の7時から朝の7時まで、パリの街がアート会場と化す、Nuit blanche」へ
»次の記事「映画のポスター、本、古い雑誌が見つかる」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    サッカー・フランス代表が優勝! 歓喜に沸くシャンゼリゼ通りの様子を紹介
    2018年は自衛隊も招待、7月14日「革命記念日」のシャンゼリゼ軍事パレード
    今回はパン特集! 最新刊『地球の歩き方 パリ&近郊の町 2018年〜2019年版』要チェックです
    サッカー・フランス代表が7月15日の決勝へ進出! パリの街中は大変な騒ぎに
    第19回ジャパンエキスポが開幕、今年はTRFや漫画家・寺沢武一さんなどが来仏
    パリで秋田県の日本酒試飲会があったので行ってきました!
    女性解放と欧州統合の象徴、シモーヌ・ヴェイユが夫と共にパンテオンへ合祀される
    プランタン・メンズストア地上階にオープンした「カフェジュール」で種類豊富なホットドッグを

    フランス ツアー最安値


    2018/7/21更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      江草 由香
      編集者・ライター。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、『ビズ・ファミーユ』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年フランスに渡る』。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集