海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 無料で行ける『レ・ミゼラブル』が生まれた場所「ビク...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月30日

無料で行ける『レ・ミゼラブル』が生まれた場所「ビクトル・ユゴー記念館」


無料で行ける『レ・ミゼラブル』が生まれた場所「ビクトル・ユゴー記念館」

DSC_0013.jpg


現在公開中の映画『レ・ミゼラブル』。この作品は仏作家ビクトル・ユゴーの小説を、ミュージカル劇にしたものの映画版ですが、フランスではまだ公開されておらず、2月13日に封切られる予定です。この時期パリへ来る予定の人は、ぜひユゴーに関連する場所を巡ってみてはどうでしょうか。


ユゴーは『レ・ミゼラブル』を1845年から書き始め、1862年に発行しています。執筆開始当時住んでいた場所が現在、パリ市内ボージュ広場に記念館として公開されています。

じつは同館、うれしいことに入場無料! 場所も市内中心部マレ地区にあるので、ノートルダム大聖堂やジャベール警部が自殺したセーヌ河畔(ノートルダム橋 )からも比較的近いです。お決まりのバスチーユ広場 は近くですし、(細かくなりますが)ジャンバルジャンがコゼットを連れて、パリへ引っ越した先の住所 もセーヌ川を渡った対岸にあるので、一通り巡ることも容易です。


2月13日に封切られる映画をパリで観て、その後周辺にある作品縁の場所を訪れてみると、『レ・ミゼラブル』の世界が一層近づけると思います。


【今の服装】
先週までの連日マイナスを記録していた寒さが嘘のように、今日辺りから暖かくなっています。ただし暖かいといっても、東京の冬の暖かい日と同じくらいの気温のため、防寒対策は必要です。


【データ】
Maison de Victor Hugo(ビクトル・ユゴー記念館)
住所:6 Place des Vosges, 75004
営業時間:10時〜18時
閉館日:月曜、祝日
最寄り駅:地下鉄1番線Saint-Paul/8番線Chemin Vert/1、5、8番線Bastille

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2013年1月30日
« 前の記事「仏国内のテロの危険性について」へ
»次の記事「テレビ番組で人気のシェフの店はココ」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    モンマルトルで体感する日本の生の芸術「アール・ブリュット ジャポネⅡ」展
    エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催
    【ボザール×ルピシア】ルピシア・パリ店で日仏交流160年記念の限定お茶セットはいかが?
    旅行中にパスポートの盗難・紛失にあったらどうすべきか? 手順と注意点まとめ
    ルーブル美術館に隣接、便利なカルーゼル・デュ・ルーブルの使い方
    パリで話題、街角にある小用専用トイレ「ユリトロトワール」とは?
    フランスのご当地キャラ、アステリックスの世界に浸れる遊園地「パルク・アステリックス」へ行こう
    ヤノベケンジ×堀木エリ子「SHIP'S CAT」展がパリのカルーゼル・デュ・ルーブルで2018年8月28日まで開催中
    1年前の同じ月に投稿された記事
    カーニバルの季節が到来しました
    ブルゴーニュ・ワイン祭でワインを存分に堪能しよう
    2012年はコレに注目すべし!

    フランス ツアー最安値


    2018/9/18更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集