海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 手紙が届かない!? フランスで郵便を使う時に気をつ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月30日

手紙が届かない!? フランスで郵便を使う時に気をつけるべきこと


手紙が届かない!? フランスで郵便を使う時に気をつけるべきこと

P1030173.jpg

フランスの郵便会社「ラ・ポスト」のイメージカラーは黄色。そのため街中に設置されているポストも黄色です。パリのポストの場合、主に「パリ市内および近郊(イル・ド・フランス地域)」と「その他の国内と国外」に投函口が分かれています。


郵便番号は5桁でパリ市内の場合、頭2桁が「75」で始まります。続いて区の番号(例えば5区だと「75005」、13区だと「75013」)になります。


フランスの郵便は投函してからが少し問題......日本のイメージだと郵便物は確実に送り先に着きますが、フランスはそういかない場合も多いです。

内容物が普通の手紙だと大抵は着きますが、例えばお金をだったり高価なものを送ったら、書留など相応の対応で送ったのに途中で盗まれたということをたまに耳にします。


配送ミスもしばしば起こります。私自身の経験では、チケットを郵送で手配したら、住所は合っているのにまったく違う住所と宛名の人に配送されました。運良く受け取った人が良心的な人だったので、再び投函してくれて無事私の手元まで届きましたが、もしその人がそのままにしていたら受け取れませんでした。


小包なども、家にいるにもかかわらず、配達員が不在票を置いて帰ることがあります。発送されたにもかかわらずいつまで経っても届かないので、おかしいなと思い調べたら、不在として発送元に送り返されていたなんてことも起こります。


このようなことが時々あるので、フランスで郵便を使う場合は、本当に大切な書類は少なくとも書留にしましょう。また手紙が相手に着くまで決して気を抜かないことも大切です。そして色々な話や自分の体験が重なると、いっそのこと近場なら自分が届けた方が早くて確実だと思い始めてくるのです......。


(11月お題"郵便ポスト")


P1030174.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 生活・習慣・マナー
2013年11月30日
« 前の記事「これで全部、パリのクリスマス・マーケット一覧!」へ
»次の記事「クリスマスを控えた今のパリの様子」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    キリン「富士山麓」試飲会がギャラリー・ラファイエットで開催 マスターブレンダーの田中城太さんも参加
    パリで「日本映画の100年」スタート 無声映画『雄呂血』上映で弁士・坂本頼光さんらに拍手喝采【ジャポニスム2018】
    10月30日から1カ月間パリのリヨン駅で駅弁を販売へ 試食会に行ってきました【ジャポニスム2018】
    皇室コレクションがパリでお披露目 プティ・パレの「若冲」展【ジャポニスム2018】
    ステラ・マッカートニーさんも来場 ギャラリー・ラファイエットのサステナブル・プロジェクト「Go for Good」
    香取慎吾さんの展覧会がルーブルで開催 内覧会など現地の様子は?【ジャポニスム2018】
    モンマルトルで体感する日本の生の芸術「アール・ブリュット ジャポネⅡ」展【ジャポニスム2018】
    エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催【ジャポニスム2018】
    1年前の同じ月に投稿された記事
    果物を欲したらココ「Paradis du Fruit」
    チョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラが開幕

    フランス ツアー最安値


    2018/10/15更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集