海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリで注目すべき日本人パティシエのスイーツ

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月30日

パリで注目すべき日本人パティシエのスイーツ


パリで注目すべき日本人パティシエのスイーツ

IMG_1148.jpg


フランス料理界を語る時に、忘れてはならないのが日本人の存在。レストランだけでなくパティスリーやショコラトリーでも日本人料理人の活躍は著しく、ジャパニーズ・スイーツの特徴は、フランスのデザート界にアクセントを付けています。

例えば素材について、一昔前だと、それは抹茶でした。近年では(スイーツに限りませんが)柚子がよく使われるようになりました。素材以外にも、日本人パティシエが独自の感性で生み出す、伝統的なフランス菓子に注目が集まっています。


その中でも今、代表的なのがMORI YOSHIDA(モリ・ヨシダ) です。店内はサントノレやムース・オ・ショコラなど、フランスの華やかな定番スイーツが並びますが、口に運んでみると味はシンプルかつ繊細。無駄なものを無くそうとすると、とかく味が単調になる恐れもあるのですが、ここのガトーは絹糸のような美しさがあります。日本風のショートケーキも扱っており、特にスポンジの口当たりが良く、同店の特徴が凝縮されている印象でした。


店舗を構える場所も、パリで随一の高級住宅地である7区。ここの住人たちは舌が肥えているため、下手な商品を出す店は続きません。パリの中でも食のレベルが高い区です。


モリ・ヨシダのショートケーキに代表されるように、日本の素材を取り入れるだけでなく、日本のスイーツをフランス風にして売り出すパティスリーも最近増えてきました。その1つがシフォンケーキを扱うCiel(シエル) です。


フランスのパティスリーを巡り気付いた人もいるかもしれませんが、伝統的なフランス菓子にシフォンケーキ(スポンジを使ったケーキ)は、ありません。基本的にムースベースで作られています。シエルはフランスでは馴染みが薄いシフォンケーキを、全面に押し出したお店です。


以前、他媒体で取材した時にシエルが強調していたのは、口に入れたときのテクスチャー。バターを多く使い、ムースを主体とした重めのフランスのケーキとは異なり、シフォンケーキは軽さが特徴です。見た目は大きくてもマシュマロのように食べられる、さっぱりした感触が、フランス人の好奇心を引いているそうです。


持ち帰りの他にも、店内はバーカウンターのようなサロン・ド・テになっており、昼はお茶、夜はお酒に合わせてシフォンケーキを堪能できます。


一方で、パリで本格的な日本の味を欲した時はどこがいいのか? その際はYamazaki(ヤマザキ) がおすすめ。名前の通り、日本の山崎パンがパリで展開するパティスリーです。日本のショートケーキからフランスのガトーまで一通り味わえ、サロン・ド・テも併設しています。


日本と比べて、フランスのスイーツは甘いと感じる人も多いと思います。ヤマザキの担当者から聞いた話しでは、フランスではデザート以外の料理に砂糖を使わないため、そのため糖分を食後のスイーツに求めるそうです。一方で日本料理は、デザート以外の調理にも砂糖を使います。その違いがスイーツにおける甘さの程度として出るのだとか。


甘さにもその国の作法が反映されているんですね! 


(5月お題"今はやりのスイーツ")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2014年5月30日
« 前の記事「大人も子供もタバコ好き!? フランスのタバコ事情」へ
»次の記事「欧州初のポケモンセンターがパリにオープン!! 店内はこんな感じ」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
    2018年末のシャンゼリゼ通りの様子と「黄色いベスト」デモの影響
    都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたのか パリで「MANGA⇔TOKYO」展スタート【ジャポニスム2018】
    SPAC「マハーバーラタ」パリ公演から感じる静岡県の芸術文化にかける意気込み【ジャポニスム2018】
    日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと星付きシェフを招いたイベントがパリで開催【ジャポニスム2018】
    『ファンタビ2』舞台はパリ! ギャラリー・ラファイエットにハリポタ公式ショップがオープン
    ギャラリー・ラファエット&プランタン パリ2大百貨店の2018年クリスマスシーズン始まる
    華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展
    1年前の同じ月に投稿された記事
    これで安心、フランスの牛乳の見分け方
    パリで体験できる本場のメートル
    アート好きは必見! 美術館の夜間無料開放

    フランス ツアー最安値


    2018/12/9更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集