海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > フランス国花はどんな意味を持つのか?

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月22日

フランス国花はどんな意味を持つのか?


メール プリント もっと見る

フランス国花はどんな意味を持つのか?

DSC_7956.jpg


フランスの国花を知っていますか? それはアイリス。アイリスとはアヤメ科アヤメ属の単子葉植物の総称です。フランス語ではfleur de lys(フルール・ド・リス)と言います。このアイリス、どこかで見覚えありませんか?

観光でお城などに行った時、このフルール・ド・リスを意匠化したものが見られるはず。なぜなら、フルール・ド・リスはかつてのフランス王家・ブルボン家の紋章として使われていたからです。フランス革命により王政から共和制になり、フランス国旗が現在のようなトリコロールに代わる前は、フランスの旗はフルール・ド・リスでした。3つの花びらは信頼、知恵、騎士道精神を表し、神から授かった印とされています。ちなみにフランス王家を示す色は白です。


fleur-de-lys.jpg


この時期、花を存分に堪能したいのであれば、パリから少し足を伸ばしてジベルニーへ。サン・ラザール駅からベルノン(Vernon)駅まで行き、駅前からバスに乗ります。ジベルニーにあるモネの庭園 には、多くの花々が咲き乱れていて、とても綺麗です。睡蓮もそろそろ時期に入ります。睡蓮以外にも、季節ごとに花々が咲いているため飽きさせません。


DSC_9889.jpg


日本は梅雨で過ごし難い時期ですが、今パリは1年でもっとも過ごしやすいシーズンです。夜10時を過ぎても明るく、また夏のバカンス前なのでレストランも休暇に入らず開いています。とても素敵な季節になりました。


【今の服装】
昼間はTシャツ1枚で良いですが、日暮れ後は冷えるので1枚上に羽織るものが必要です。


(6月お題"お花")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2014年6月22日
« 前の記事「パリで防衛装備展示会「ユーロサトリ」が開催中」へ
»次の記事「2014夏のセールがフランスで始まります」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    最新情報片手にパリ散策を!地球の歩き方MOOK『パリ ランキング&マル得テクニック』
    4〜6月に行われる仏国鉄SNCF大規模ストライキの詳細まとめ
    パリ郊外ラ・デファンスのショッピングモール「レ・キャトル・タン」で福島PRイベントが開催
    いつもと違うお土産に春限定のイースターチョコレートを探そう
    日本の実験的音楽&アートを紹介するイベント「Japan Tribute」がパリで開催
    とにかく楽しい体験型のパリ「国際農業見本市」へ行こう
    長大なパレードが市内を進む、パリ中華街で祝う春節
    パリ市庁舎で浦沢直樹さんの個展が開催中(2018年3月31日まで)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    建物に奥に隠れるパリの巨大コロッセオ
    パリで話題の回転フレンチのお店「Medi Terra Nea」
    どのパン屋のバゲットが今年一番おいしいのか

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集