海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > フランスで気を付けたい列車のトラブル

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月29日

フランスで気を付けたい列車のトラブル


メール プリント もっと見る

フランスで気を付けたい列車のトラブル

P1030266.jpg


日本人旅行者にとって海外で盲点になりがちなのが、列車の乗り換え時間。フランスに限らず海外全般に言えますが、日本の鉄道会社と比べこちらの運行ダイヤは遅れることがしばしばあります。日本だと1、2分でも遅延ですが、海外はもっと大らかです。


限られた休暇の中で色々な場所を訪れるため、旅程の乗り継ぎ時間をなるべく効率的にしようとする人は多いです。しかし日本のように常に定刻に列車が動くことは想定せず、余裕をもって組むことが、日程上のトラブルを防ぐコツといえます。

■表示はすべて外国語
海外での案内板は(まれに日本語表記されていることもありますが)、当然ですがほぼ現地語です。都市部だと英語の並記も多いですが、それでも日本人にとっては外国語に変わりありません。そのような環境において、制限された時間で目的の乗り換えホームなど情報の取捨選択をすることは、日本語以上に時間がかかります。


■緊急の場合はすべて現地語
列車が遅れている場合や何かトラブルが起きた時、車内放送は基本的に車掌が現地語でアナウンスされます。旅行者だと現地語に堪能でない人も多いでしょう。アナウンスを理解し、駅についてからもスムーズに行動できればいいですが、そのこと含め、現地の人より常に時間がかかってしまう点を頭に入れておきたいです。


■ストライキが多い
フランスで特に面倒なことの1つに、しばしば起きるストライキがあります。ストライキは労働者の権利ですし大切なことですが、旅行者にとっては旅程を考え直さざるを得ない厄介な出来事以外の何者でもありません。ストライキ以外にも電気系統の故障など、目的の列車が突然当日のダイヤから無くなったりすることは時々起こるので、1日で何都市も移動するような日程を立てるよりは、余裕をもったプランニングが肝心です。


■旅行者は目立つ
現地の人から見ると旅行者は自分たちが思っている以上に目立っています。何かのトラブルで次の都市へ乗り継げず、途中の町で泊まらなくなる状況になる場合もあるかもしれません。治安が良い場所であれば問題ないですが、もし運悪く治安が悪いところだと、深夜に大きな荷物を持って宿を探すのは、とても気が重いです......。そのためにも、次の目的地には比較的早い時間帯で着くよう旅程を組み、何か途中でトラブルがあったとしても、その後の列車でその町まで向かえるような余裕があると安心です。


■車内でも注意は忘れずに
駅構内では、スリなどから身の回りのものに気をつけていても、車内では比較的気を抜いてしまう人も多いと思います。長距離路線だと、現地の人でも車内で居眠りする人は多いですが、それでも貴重品は常に体から離さないような状態で過ごすことが、盗難などのトラブルを防ぎます。トイレなどに立つ際も、貴重品は必ず持ち歩きましょう。また降車の際は、座席ポケットに入れたものも忘れずに! その後、その列車が車庫に入り誰も乗らなかったとしても、忘れ物が高価な品だった場合、遺失物として回されることはなく、清掃などの職員が持ち帰ってしまうことは多いです。


(8月お題"気をつけたい旅のトラブル")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 交通・鉄道・航空
2014年8月29日
« 前の記事「パリ大東社の博物館で仏フリーメイソンの活動を知ろう」へ
»次の記事「パリ市内とオルリー空港をもっとも安くつなぐ方法」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    サッカー・フランス代表が優勝! 歓喜に沸くシャンゼリゼ通りの様子を紹介
    2018年は自衛隊も招待、7月14日「革命記念日」のシャンゼリゼ軍事パレード
    今回はパン特集! 最新刊『地球の歩き方 パリ&近郊の町 2018年〜2019年版』要チェックです
    サッカー・フランス代表が7月15日の決勝へ進出! パリの街中は大変な騒ぎに
    第19回ジャパンエキスポが開幕、今年はTRFや漫画家・寺沢武一さんなどが来仏
    パリで秋田県の日本酒試飲会があったので行ってきました!
    女性解放と欧州統合の象徴、シモーヌ・ヴェイユが夫と共にパンテオンへ合祀される
    プランタン・メンズストア地上階にオープンした「カフェジュール」で種類豊富なホットドッグを
    1年前の同じ月に投稿された記事
    普通の観光じゃ物足りない! パリを上空から観光する方法
    今年は違ったパリの夏
    パリの始発/終電はこう使う!
    夏期のパリ地下鉄閉鎖状況

    フランス ツアー最安値


    2018/7/16更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集