海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 郊外に多め!? パリのから揚げ事情って?

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月30日

郊外に多め!? パリのから揚げ事情って?


メール プリント もっと見る

郊外に多め!? パリのから揚げ事情って?

IMG_1791.jpg


唐揚げ、好きな人多いですよね。パリでから揚げを食べたくなったら、私はよく、市内5区にある韓国レストラン「Han Lim(韓林)」(『地球の歩き方』フランス編やパリ編にも掲載)に行っています。


Han Lim(韓林)
住所:6 Rue Blainville 75005
営業時間:12〜14時30分、19時〜22時30分
定休日:月・火曜
電話:01.43.54.62.74
最寄り駅:地下鉄7号線Place Monge/10号線Cardinal Lemoine


日本や韓国レストラン以外だと、通常鶏肉を揚げたものは、つまりフライドチキンになるのですが、このフライドチキン屋、じつは(大手KFC含め)パリの中心部より、18区や19区といったような、アフリカやインド・パキスタン系移民が多く暮らす、郊外寄りの地区に集積しています。なぜでしょうか?

IMG_1792.jpg


アフリカやパキスタン系移民の多くはイスラム教徒です。彼らにとって豚肉はタブーですが、チキンであれば問題なく食べられます。そのような鶏肉を中心に扱うレストランが、彼らの生活圏に集まっています。そのチキンも「ハラール」という、イスラム法に則り処理されたものが使われます。


このフライドチキン屋さん、移民街の独特の雰囲気もあり一見入りづらいですが、値段も高くなく(味は店によりますが)油っこいものが好きで、手頃に食事を済ませたい場合には重宝すると思います。ただし彼らの多くが暮らしている地区は治安が良くない場所も多いので、限られたパリ滞在期間中に、わざわざ食べに行くほどでもないですが......。


IMG_1793.jpg


しかし、ただ1つ言えることは、フライドチキン屋があるような地区もフランスの魅力です。ルーブル美術館やシャンゼリゼ通りといったような、日本で「フランス」として映し出されるものは、この国のごく一部でしかありません。


もちろん、移民に由来する社会問題も数多くあります。(移民というのは途上国から移り住んできた人々だけではありません。問題の程度はあるにせよ、私たちパリで暮らす日本人も移民の一部です)。それも含めてフランス。パリのフライドチキン屋は、そのようなフランスの多様性をのぞける入口なのです。


(9月お題"から揚げ")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2014年9月30日
« 前の記事「柔軟剤CMで注目度アップ! パリの隠れ家ホテル「ル・パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌ」」へ
»次の記事「日本人も必見! パリ・グランパレで「北斎」展始まる」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    サッカー・フランス代表が優勝! 歓喜に沸くシャンゼリゼ通りの様子を紹介
    2018年は自衛隊も招待、7月14日「革命記念日」のシャンゼリゼ軍事パレード
    今回はパン特集! 最新刊『地球の歩き方 パリ&近郊の町 2018年〜2019年版』要チェックです
    サッカー・フランス代表が7月15日の決勝へ進出! パリの街中は大変な騒ぎに
    第19回ジャパンエキスポが開幕、今年はTRFや漫画家・寺沢武一さんなどが来仏
    パリで秋田県の日本酒試飲会があったので行ってきました!
    女性解放と欧州統合の象徴、シモーヌ・ヴェイユが夫と共にパンテオンへ合祀される
    プランタン・メンズストア地上階にオープンした「カフェジュール」で種類豊富なホットドッグを
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ついにパリにも猫カフェが登場
    メトロの窓の外に......パリに存在する幽霊駅
    パリでは目的別に中華街を選ぼう
    フランス限定商品も! ルピシアがパリに登場

    フランス ツアー最安値


    2018/7/17更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集