海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 日仏交流のパイオニア、佐賀商人・野中元右衛門の慰霊...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月20日

日仏交流のパイオニア、佐賀商人・野中元右衛門の慰霊祭を開催


日仏交流のパイオニア、佐賀商人・野中元右衛門の慰霊祭を開催

15517pyreneenne-121 (1).jpg


幕末、日本が開国した時に、佐賀藩が対外貿易を任せた人物の一人に、同藩の商人・野中元右衛門という人がいました。その元右衛門の慰霊祭が、6月28日(日)にパリのペールラシェーズ墓地で行われます。

江戸末期、今までの秩序が崩れ各藩が軍備の増強などをしていく中で、佐賀藩も海外貿易により富国強兵政策を進めていました。その佐賀藩で、軍艦購入のための資金繰りを行うなど、手腕を発揮していた1人が元右衛門です。彼がフランスの地を踏むきっかけとなったのが、1867年にパリで開かれた第二回万国博覧会。同博覧会で、日本からは幕府、薩摩藩、佐賀藩がそれぞれ出品することになりました。そこで元右衛門が佐賀藩の渡仏メンバー に抜擢されたのです。


元来、元右衛門は身体が丈夫ではありませんでした。そのため家族はフランス行きに反対しますが、それを押し切り渡仏します。一行は船で南方を回り、エジプトを経由してパリへ到着しました。しかし長旅がこたえたのか、元右衛門は現地で急病に襲われ亡くなってしまいました。その後、パリ市内の墓地・ペールラシェーズに埋葬され、故郷の佐賀へ戻ることなく、今もパリで眠っています。


現在、日本人にとってもフランスは、人気ある渡航先になっています。ビジネスでも多くの人が訪れています。元右衛門は命をかけて渡仏し、日仏交流の原点の1つを作った人です。子孫の方々により墓の管理はされていましたが、さらに広く元右衛門の功績を見直そうとことで、パリの有志により立ち上げられたのが今回の慰霊祭です。


15517pyreneenne-130 (1).jpg


当日は3部構成のプログラム で進められます。慰霊祭は欧州駐在神職・奥谷公胤さん により執り行われ、慰霊祭では雅楽の生演奏も行われます。佐賀県人会などパリの佐賀県関係者も列席する予定です。慰霊祭の前後には、有志のボランティア解説によりショパンやイヴ・モンタンなど、有名人の墓を巡るペールラシェーズ墓地散策も行われます。参加費はすべて無料。途中参加・途中解散も自由です。


歴史に埋もれた偉人の一面を知ってみませんか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り
2015年6月20日
« 前の記事「音楽の祭日「Fête de la Musique」で日本の夏祭りを開催」へ
»次の記事「何でもそろう冷凍食品店「ピカール」でアイスクリームを」 へ
パリ特派員 新着記事
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
パリ含む首都圏などでショッピングモール入場の衛生パス提示が不要に【2021年9月8日〜】
1年前の同じ月に投稿された記事
パリでゲイ・プライド開催! 今年の様子は?
シャルル・ド・ゴール空港で管制官がストライキ中
2014夏のセールがフランスで始まります
フランス国花はどんな意味を持つのか?
パリで防衛装備展示会「ユーロサトリ」が開催中
Fête de la musiqueは公共交通機関が定(低)額乗り放題に
フランスでW杯はどれくらい盛り上がっているのか?
仏国鉄とタクシーがストライキに入っています
欧州初のポケモンセンターがパリにオープン!! 店内はこんな感じ

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集