海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 今年一番おいしいパン屋はどこか? 2015年バゲッ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月13日

今年一番おいしいパン屋はどこか? 2015年バゲットコンクール


今年一番おいしいパン屋はどこか? 2015年バゲットコンクール

DSC_0341.jpg


毎年パリで「バゲット・コンクール」という、どこのバゲット(日本でいうところのフランスパン)がおいしいか、を決める催しが開かれています。「焼き加減」「味」「中身」「香り」「見た目」が審査され、優勝者には4000ユーロの賞金とエリゼ宮(大統領府)に1年間、納入できる特典がもらえます。毎年コンクールの時期になると、バゲット好きの間で「今年の優勝はここだった! 」と話題になるのですが、今回は誰が、その栄光に輝いたのでしょうか?

1位から10位までの受賞者と住所は次の通り でした。


1. Monsieur Djibril BODIAN:38 rue des Abbesses 75018
2. Monsieur Sami BOUATTOUR:193 rue de Tolbiac 75013
3. HURE:150 avenue Victor Hugo 75116
4. Messieurs Christian VABRET et Philippe SAMOES:30 rue d'Alésia 75014
5. Monsieur Jacky RENOUF:249 boulevard Voltaire 75011
6. Monsieur Régis CHEVANT:152 avenue de Versailles 75016
7. Monsieur Charles-Didier TCHOUASSI:63 rue de Turbigo 75003
8. Ex Aequo Jean-José PHILIPPE:25 avenue de Saint-Ouen 75017
8. Ex Aequo Les Gourmandises d'Eiffel:187 rue de Grenelle 75007
9. Monsieur Abdallah MOURAG:85 rue Saint-Dominique 75007
10. Monsieur Guillaume DELCOURT:100 rue Boileau 75016


今年は2010年の優勝者が再びトップに返り咲きました。モンマルトルにある「ル・グルニエ・ア・パン」の職人ジブリル・ボディアンさんです。セネガル出身のボディアンさんは父親もパン職人の2代目。2010年の受賞時に、ガイドブックなど日本のメディアでも多く取り上げられたため、ご存知の方もいると思います。


2位以下も遜色ないおいしさですので、宿泊場所近くにある店を選んで、買ってみてはいかがでしょうか。


ちなみに、バゲットの中でも伝統的なものが「トラディション」という種類(「トラディション」はフランス語で「伝統」という意味)。じつは、どのように作っても良いというわけではありません。1993年9月13日に定められた法律で、原材料と製法が定められており、それに沿ったバゲットでないと「トラディション」と名乗れません。ちなみに本日9月13日のグーグル・フランスは、トップページがバゲットでした。


google1309.jpg


パン屋は、手軽に体験できるフランス文化の1つです。私がパリへ来た時にまず感動したのが、パンのおいしさと、日本とは比べものにならないレベルの高さでした。フランスへ来たら、ぜひ試してみてください! 


(9月お題"パン")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2015年9月13日
« 前の記事「パリ・シャルル・ド・ゴール空港から市内までの手段を徹底解説!」へ
»次の記事「海外でも使える国民健康保険! ただし注意も必要」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    サッカー・フランス代表が優勝! 歓喜に沸くシャンゼリゼ通りの様子を紹介
    2018年は自衛隊も招待、7月14日「革命記念日」のシャンゼリゼ軍事パレード
    今回はパン特集! 最新刊『地球の歩き方 パリ&近郊の町 2018年〜2019年版』要チェックです
    サッカー・フランス代表が7月15日の決勝へ進出! パリの街中は大変な騒ぎに
    第19回ジャパンエキスポが開幕、今年はTRFや漫画家・寺沢武一さんなどが来仏
    パリで秋田県の日本酒試飲会があったので行ってきました!
    女性解放と欧州統合の象徴、シモーヌ・ヴェイユが夫と共にパンテオンへ合祀される
    プランタン・メンズストア地上階にオープンした「カフェジュール」で種類豊富なホットドッグを
    1年前の同じ月に投稿された記事
    郊外に多め!? パリのから揚げ事情って?
    柔軟剤CMで注目度アップ! パリの隠れ家ホテル「ル・パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌ」
    現在エールフランスがストライキ中です
    BEAMSや東急ハンズも! ボンマルシェで日本イベント開催中
    今年はどこ行く? 無料で非公開スポットに行ける文化財解放の日

    フランス ツアー最安値


    2018/7/18更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集