海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 海外でも使える国民健康保険! ただし注意も必要

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月14日

海外でも使える国民健康保険! ただし注意も必要


海外でも使える国民健康保険! ただし注意も必要

DSC_0342.jpg


海外旅行へ行く前に海外旅行保険に加入する人も多いと思います。事前に保険に入っていれば、海外で病院にかかった時にその費用をカバーしてくれるため、高額の医療費を自己負担することを避けられます。クレジットカードに付帯している場合もありますね。じつは日本の国民健康保険でも、加入者は海外での医療費の払い戻しを受けられるのです。

外務省の公式サイト によれば、国民健康保険とは「農業者や自営業者、民間企業を退職した方等が加入するもので、各市町村がその市町村に住所を有する方(健康保険組合等に加入する方を除く)を加入対象として運営」されたものです。その国民健康保険加入者には、海外に短期渡航した際、海外療養費が支給される制度があります。つまり日本の保険で、海外の医療費をカバーできるのです(医療目的の渡航は除く)。


今回、同ケースに関わることがあったため、使い方を記しておこうと思います。


DSC_0343.jpg


まず海外で病院へ行ったら、その場で医療費は全額負担しなくてはいけません(即金が必要! )。その後、健康保険組合等に請求手続きをすると、同組合等が負担する分の医療費が戻ります。手続きには、「療養に要した費用の額がわかる書類(診療報酬明細書や領収明細書等いずれも日本語翻訳文を添付)」が必要です。戻る額は、日本国内で同じ保険診療を受けた場合が目安になります。


外務省によれば、同制度の詳細は各市町村の保険担当窓口に問い合わせくださいとのことなので、私が関わった自治体の場合を説明します。役所によれば、申請時に必要なものは次の5点でした。


診療内容証明書(日本語翻訳文添付)
領収明細証(日本語翻訳文添付)
保険証
印鑑
預金通帳
パスポート


ただし、これらを揃えれば、すんなりと申請が通るものではありませんでした! 診療内容証明書および領収明細証は、現地の病院(在留邦人が多く来るため、国民健康保険での対応に慣れている)で、国民健康保険を使う旨を伝え、出してもらったものですが、その後、日本の役所へ提出したところ、現地の病院で「これで申請可能」と言われた診療内容証明書が、窓口で受理されませんでした。


役所によれば、最近は特に保険の審査が厳しくなっており、現地で記入してもらった診療内容証明書の内容より、さらに詳細が書かれたものが必要だそうです。役所規定の用紙もあり、これに記入してもらうのが、もっとも良いとのことでした。


怪我は不慮に起きますし、その時に役所規定の用紙を持っていることの方が少ないです。しかし役所によれば、その用紙を旅行前に役所で受け取り、万が一のことを考え、それを常に携帯して旅行へ出かけてください、とのことでした。


海外の同じ場所を何度も訪れる人は多くありません。一度帰国してから現地の病院とやりとりし、再び書類を作成してもらうのには大変な労力がかかります。国民健康保険を海外での保険の一手段として考えている人は、まず出国前に役所へ出向き、担当窓口で相談することをお勧めします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 美容・健康・病院
2015年9月14日
« 前の記事「今年一番おいしいパン屋はどこか? 2015年バゲットコンクール」へ
»次の記事「今年はどこ行く? 文化施設が無料開放! ヨーロッパ文化遺産の日」 へ
おすすめ記事
パリ特派員 新着記事
【簡単便利!】パリでの現地通販にAmazonロッカーを使ってみました
2018年大晦日の凱旋門年越しイベントはデモに注意
ベルサイユ宮殿限定コラボグッズを「クール・ド・マルブル」の新ショップで探そう
凱旋門の年越しイベントと大晦日のパリ無料公共交通機関
今年から始まったチュイルリー公園のクリスマスマーケットへ行こう!
「ジャン・ポール・エヴァン」2018年のビュッシュ・ド・ノエルをエヴァンさんに聞く
ギャラリーラファイエットの「グラスウォーク」で巨大クリスマスツリーと一緒に写真を撮ろう
ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
1年前の同じ月に投稿された記事
郊外に多め!? パリのから揚げ事情って?
柔軟剤CMで注目度アップ! パリの隠れ家ホテル「ル・パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌ」
現在エールフランスがストライキ中です
BEAMSや東急ハンズも! ボンマルシェで日本イベント開催中
今年はどこ行く? 無料で非公開スポットに行ける文化財解放の日

フランス ツアー最安値


2019/1/19更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    加藤 亨延
    ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集