海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > フランス文化が詰まったパリの珠玉図書館へ

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月30日

フランス文化が詰まったパリの珠玉図書館へ


フランス文化が詰まったパリの珠玉図書館へ

DSC_0098.jpg


パリには新旧様々な図書館があります。もっとも規模が大きなものだと、ベルシー地区にある国立図書館フランソワ・ミッテラン館(新館)。一方で同国立図書館の旧館であるリシュリュー館は、豪華な装飾がこれぞ欧州の伝統ある図書館といった趣です。トップに上げた写真はパリ第4(ソルボンヌ)大学の図書館です。


今回はパリの美しい図書館をいくつか紹介したいと思います。

1つ目は5区にあるサント・ジュヌヴィエーヴ図書館 。フランスの偉人たちが眠る建物パンテオンの隣にあり、周囲はパリ大学群や難関校のアンリ4世高等学校、ルイ・ル・グラン高等学校が立ち並ぶ文教地区です。設計はアンリ・ラブルーストが行い、同図書館は彼の代表作になりました。ラブルーストは国立図書館リシュリュー館もデザインしています。一般に開放されています。


DSC_0245.jpg


サント・ジュヌヴィエーヴ図書館から西へ歩きましょう。5区から6区に行政区が変わり、リュクサンブール公園が広がります。その一角に元老院(上院議会)が入るリュクサンブール宮あるのですが、この宮殿内にメディシス図書館 はあります。


DSC_0061.jpg


リュクサンブール宮は、元々イタリアからフランス王室に嫁ぎ、ルイ13世の母となったマリー・ド・メディシスの宮殿として改装されました。内装は彼女が幼い頃過ごしたフィレンツェ・メディチ家のピッティ宮殿を模しています。同図書館の天井画はドラクロワによる作品です。元王室の宮殿だけあって装飾も絢爛豪華ですね。入館には事前登録が必要です。


リュクサンブール宮から北へセーヌ川方向へ行くと、フランス学士院があります。その中にあるマザラン図書館 はフランス最古の公共図書館です。マザランは5歳で即位したルイ14世の実質的な宰相を務めた枢機卿です。同図書館は彼の個人コレクションを収めるための場所として設立されました。この図書館も前述の2館に負けず劣らず、美しい内装で訪れる人々を圧倒します。月〜金曜の10時〜18時に一般に開放されています。


DSC_0219.jpg


図書館の入館には登録が必要ですし、観光でふらっと訪れづらい場合も多いですが、フランス文化が詰まった空間は、どれも一見の価値あるところばかりです。


(11月お題"図書館・本屋")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2015年11月30日
« 前の記事「パリ各所でクリスマス・イルミネーション始まる」へ
»次の記事「2015年大晦日から2016年元旦のパリ公共交通機関利用まとめ」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ノートルダム大聖堂前にツリーが立ちました クリスマス当日の大聖堂の様子は?
    2018年末のシャンゼリゼ通りの様子と「黄色いベスト」デモの影響
    都市「東京」はどのように創作物と影響しあってきたのか パリで「MANGA⇔TOKYO」展スタート【ジャポニスム2018】
    SPAC「マハーバーラタ」パリ公演から感じる静岡県の芸術文化にかける意気込み【ジャポニスム2018】
    日本茶カクテルとフレンチの可能性 ミクソロジストと星付きシェフを招いたイベントがパリで開催【ジャポニスム2018】
    『ファンタビ2』舞台はパリ! ギャラリー・ラファイエットにハリポタ公式ショップがオープン
    ギャラリー・ラファエット&プランタン パリ2大百貨店の2018年クリスマスシーズン始まる
    華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランス人は親切なのか、わがままなのか
    今大注目! パリの新・現代アート施設「ルイ・ヴィトン・ファウンデーション」
    再オープン! パリ新ピカソ美術館はこんな感じ

    フランス ツアー最安値


    2018/12/9更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
      Twitter
      Instagram DISQUS ID @arukikataparis

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集