海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > パリから日帰り圏内、画家ピサロが愛した街ポントワー...

フランス/パリ特派員ブログ 守隨 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月22日

パリから日帰り圏内、画家ピサロが愛した街ポントワーズ


パリから日帰り圏内、画家ピサロが愛した街ポントワーズ

DSC_1840.jpg


パリを中心に広がるイル・ド・フランス地域圏。地域内にはベルサイユやシャンティイなど、自然と文化豊かな日帰り観光スポットが点在しています。パリ市内から距離が近いため、思い立ったらすぐ行けるお手軽さもあります。


今週末は晴れていたので、シャンティーを訪れようと同地行きの列車が発着するパリ北駅に向かったところ、なんと2時間後まで便がない! 近いと思って時刻表を調べずに家を出てしまいました......。さてどうしようかと北駅の発車掲示板を眺めると、そこにはポントワーズ行きの文字が! そこでシャンティーから急遽予定を変更して、ポントワーズへ行ってきました。


ポントワーズはパリの北西、セーヌ川の支流であるオワーズ河畔にある街です。同地は印象派画家に愛された場所。特に画家ピサロはポントワーズをとても気に入り、オワーズ川を見下ろす館に17間暮らしました。作品もオワーズ川の風景を描いたものが多数あります。ピサロの他にセザンヌなども同地を作品の題材にしています。


DSC_1849.jpg


ポントワーズで起点となるのが、ポントワーズ駅。パリ北駅からRER H線に乗って約1時間以内で到着です。その他にもサンラザール駅からや、RER C線でも行けます。


DSC_1820.jpg


駅を降りるとまず正面にサン・マクルー大聖堂が見えます。大聖堂までは直線の上り坂が続き、情景が立体的に広がります。


DSC_1822.jpg


大聖堂までの坂を登りきると、その東側には市庁舎があり、大聖堂と市庁舎を繋ぐ道沿いにはパン屋やカフェ、レストランが集まります。ここでランチやお茶をしてもいいですね!


市役所から南へ下って行くと、ピサロ美術館があります。美術館周辺は高台の公園となっており、ここから眺めるオワーズ川は絶景です。


DSC_1845.jpg


街全体が起伏に富んでいるため少し疲れますが、半日あれば十分に回れます。パリの喧騒から少し離れて足を伸ばしたい時には、ぴったりの場所です。


【データ】
Musée Camille Pissarro(ピサロ美術館)
住所:17 Rue du Château 95300 Pontoise
営業時間:11〜18時
定休日:月曜(2017年9月1日まで工事のため閉館)
料金:無料
最寄り駅:RER C/H/J線Pontoise

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2016年8月22日
« 前の記事「骨董や食器が一杯! ヴァンヴの蚤の市でお宝探し」へ
»次の記事「バカンスが終わり新学年が始まるフランス」 へ
パリ特派員 新着記事
パリの最高級ホテル「ブリストル」の看板猫ファラオンが退職し後継に息子のソクラット
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキ予約が開始、2021年テーマは「明日への希望を歌おう」
パリのプランタンにエッフェル塔展望できる新スポットがオープン、世界最大級のサステナビリティフロアも
さよなら紙の回数券、パリ地下鉄で紙の10枚綴りカルネ販売が順次終了しデジタル化
フランスで今も根強いグレンダイザー人気、パリ日本文化会館で特別展が開催中【~2021年10月30日】
ワクチン接種で陰性証明不要、日本からフランスへの入国レポート【2021年9月25日時点】
ワクチン接種証明提出で日本入国後の待機日数が14日間から10日間へ緩和【2021年10月1日〜】
10月に日仏郵便局のコラボ切手が発売、グレンダイザー限定切手も仏で同時リリース【日本郵便×ラ・ポスト】
1年前の同じ月に投稿された記事
パリ・シャルル・ド・ゴール空港から市内までの手段を徹底解説!
フランスの大人の夏休み事情
タリス車内における発砲事件について
期間限定! パリのサン・ジャック塔に登ろう

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パリ特派員

    パリ特派員
    守隨 亨延
    ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
    Twitter
    Instagram DISQUS ID @arukikataparis

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集